『NEW SUNRISE 2022』東京・後楽園ホール(2022年1月4日)
○マサ北宮&丸藤正道&稲村愛輝&原田大輔&大原はじめvs拳王&征矢学&タダスケ&亜烈破&中嶋勝彦×

 北宮が怨敵のGHCヘビー級王者・中嶋を完全粉砕。征矢はGHCタッグ王者・丸藤に徹底的に暴行を加えて拳王と挑戦表明し、それぞれビッグマッチとなる1・16仙台大会での挑戦が決定的となった。

 元日武道館大会ではセミ・メインで揃って防衛を果たしたGHCヘビー級王者・中嶋と、GHCナショナル王者・拳王。「俺たちがノアだ」と叫んで、より存在感を強めてこの日の年初後楽園2連戦初日に臨んだ。

 が、中嶋にいきなりどでかいカウンターパンチが待っていた。怨敵のおとうと弟子・北宮から猛チャージを受けたものの、拳王とともにミドルキックの前後乱打で北宮を“人間サンドバック状態"に。それでも驚異のタフガイっぷりを発揮して倒れない北宮は、逆にラリアットで中嶋&拳王をことごとくなぎ倒すや、中嶋めがけてサイトースープレックスを連発。意地で立とうとする中嶋をラリアットで一回転させるや、ダイビングセントーンも初公開だ。続けてこの日3発目のサイトースープレックスでぶん投げ、完璧な3カウントを奪ってみせた。

 KO状態の中嶋を眼下に仁王立ちした北宮は「おい、チャンピオン! 中嶋勝彦! 文句は言わせねえぞ。ネクスト・チャレンジャーはこの俺、マサ北宮だ。挑戦表明だ。ベルトを磨いて待ってろ」と宣告。元日武道館を北斗ボムで制した王者に、同じ健介・北斗門下のおとうと弟子として再びキバをむいた北宮は「お前たちだけじゃねえぞ? 俺たちもノアなんだよ、バカヤロー」とも通告した。

 一方でこの日の試合で征矢は丸藤に猛攻。終盤にはロープ越しの弾道(ラリアット)で吹き飛ばし、試合が終わっても執ように暴行を加え続けた。

 北宮からマイクをふんだくった征矢は「おい、丸藤! 次、俺と拳王でタッグのベルトに挑戦する。何が天才だ? ふざけんじゃねえぞ、コラ!」と丸藤が武藤敬司と巻くGHCタッグ王座に挑戦表明。いずれもビッグマッチとなる1・16仙台大会での王座挑戦が決定的となった。

【北宮の話】「チャンスはどこにだって転がってるんだよ。ああやってチャンピオンから取って、実力を行使して挑戦表明だ、コノヤロー。あとはタイトルマッチが決まったら、そこに一直線だ! 以上!」

【試合後の拳王&征矢】
▼征矢「やるぞ、今年は。拳王さん、やっちゃいましょう。何が天才コンビだ? ふざけんな。言いたいようによ、ウドの大木? ふざけんなよ。黙ってらんねえんだよ! 黙ってらんねえんだよ、コノヤロー。ふざけんな。必ず次、俺と拳王さんで天才を超えてやるよ」

▼拳王「いいねえ、いいねえ。やっちゃおうぜ!」

▼征矢「いくぞ、おい!」