『WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム』東京ドーム(2022年1月5日)
NEVER無差別級6人タッグ選手権試合 ○SHO&EVIL&高橋裕二郎vs後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&YOH×

 HOUSE OF TORTUREがYOHを無法撃破してNEVER6人タッグ王座初防衛。怒りをあらわにした後藤&YOSHI-HASHIは再戦を要求すると、EVIL&裕二郎はIWGPタッグ王座挑戦を条件に提示。後藤たちも受けて立つ構えを見せると、EVILと石井智宏の再戦まで浮上した。

 前日のドーム大会で歓喜のIWGPタッグ王座奪取を果たした後藤&YOSHI-HASHIが、YOHと組んで、連日のタイトル戦に出陣。HOUSE OF TORTUREのEVIL&裕二郎&SHOが保持するNEVER6人タッグ王座に挑んだが、試合は拷問軍の暴走ばかりが目を引いた。

 拷問軍がラフファイトを駆使して後藤を一方的に蹂りんして先手。セコンドに付いた石井も怒りをあらわにするが、HOUSE OF TORTUREペースが続く。それでもYOSHI-HASHIは真っ向勝負で応戦し、一進一退の戦いに持ち込んだ。

 前日のドーム大会で一騎打ちを行ったSHOとYOHも火花。同じジャンピングニーで競り合うが、SHOが指を絞め上げれば、EVILも場外から足をすくって介入し、再び拷問軍がペースを握る。連続攻撃からSHOがパワーボムで追い討ち。スパナを持ち込むが、これはレフェリーの注意を引きつける作戦で、そのスキにディック東郷が乱入した。

 しかし、石井が東郷を分断。すかさず後藤が牛殺しの構えに入ると、YOSHI-HASHIとYOHはダブルトラースキックをぶち込み、合体技がさく裂する。さらに、YOHはトラースキック、ファルコンアロー式牛殺しと猛攻。雄叫びを上げると、DIRECT DRIVEの構えに。

 決定的なチャンスを掴んだかに思われたが、裕二郎がレフェリーの注意を引きつけているスキに、EVILが金的攻撃を見舞うと流れは一瞬にして拷問軍へ。すかさずSHOがスパナで一撃。反則攻撃連発でYOHを沈めた。

 拷問軍がNEVER6人タッグ王座V1。試合後、納得のいかない後藤&YOSHI-HASHIとEVIL&裕二郎が言い争いを繰り広げる。さらに、前日のドーム大会でEVILに敗れてNEVER無差別級王座を失った石井は再戦要求。拷問軍とCHAOSによる全面対決の様相に。

 EVILは「もう一回これに挑戦したいだと? 負け犬が吠えてたな。いいよ、やってやるよ。いいかオイ。アイツがよぉ、逃げられないように、俺らランバージャックで勝負してやるよ、コノヤロー」とランバージャックルールでの石井との再戦を示唆。裕二郎は「このNEVER6メンのベルトを懸けて、もう一回、やってやるよ。その代わりよぉ、お前らが昨日たまたま獲ったIWGPタッグのベルトを懸けて、俺とEVILに挑戦させろ。これ、マジ!」とタッグ王座挑戦を迫った。

 YOSHI-HASHIは「今日、本来なら、俺たちはNEVER6人タッグとIWGPタッグの二冠になる予定だった。それをお前らに邪魔された。IWGPタッグのベルト、懸けろって言うんなら懸けてやる。その代わり、そのNEVER6人タッグのベルトは俺たちがもらう、いや、返してもらう」とタッグ王座戦に同意。IWGPタッグ王座、NEVER無差別級王座、NEVER6人タッグ王座をそれぞれ懸けての両軍再激突が浮上した。

【試合後のEVIL&裕二郎&SHO】
▼EVIL「石井の野郎がよ、何か言ってたなオイ。もう一回これに挑戦したいだと? 負け犬が吠えてたな。いいよ、やってやるよ。いいかオイ。あいつがよぉ、逃げられないように、俺ら、ランバージャックで勝負してやるよコノヤロー。いいか? HOUSE OF TORTUREとあいつらの全面戦争でやってやるからな、よく覚えとけ!」

▼裕二郎「オイ、この前の『WORLD TAG LEAGUE』の決勝、石井の乱入、介入、反則。俺たちはよぉ、もう反則はこりごりだよ。な? 昨日、IWGPタッグのベルトを獲った後藤とYOSHI-HASHIが、このNEVER6人タッグのベルトもほしいだと? お前らよぉ、欲深いんだよ。この、欲の塊が! でもよぉ、俺たちは優しいんだよ。お前らよぉ、このNEVER6メンのベルトを懸けて、もう一回、やってやるよ。その代わりよぉ、お前らが昨日“たまたま"獲ったIWGPタッグのベルトを懸けて、俺とEVILで挑戦させろ。これ、マジ!」

▼SHO「ついでだ、ついで。オイ、YOH! お前、ケンカもタイマンも、そして今日のこの試合も、お前全敗だぞ! 全敗! オイ、もしも仮に『ありがとう』じゃなくてよぉ、お前にまだ少しでも根性が残ってんだったら、相手になってやってもいいぞ。胸貸してやる、お前全敗してんだぞ。胸貸してやるぞ。俺たち優しいんだよ。貸してほしいなら、お前の口から言ってみろよ。ベルトがあるのはここだぞ。お前が負けたんだぞ! オイ、先輩方が大事にしてたベルト、お前のせいで取られたんだぞ。根性残ってんだったらよぉ、かかってこいや。いつでもいいぞ!」

▼EVIL「そういうことだ。(※全員立ち上がる。去り際に)いいか石井オイ、ランバージャックだ。テメェ逃げんなよバカヤロー、よく覚えとけ!」


【試合後の後藤&YOSHI-HASHI、石井】
※後藤、YOSHI-HASHI、石井の3人でインタビュースペースへ

▼後藤「今日の試合を楽しみに来てくれたお客さんに申し訳ない。そのひと言だよ、今日は」

▼YOSHI-HASHI「あいつらが試合後言ってた、『NEVER6人タッグのベルトを懸けてやる代わりに、IWGPタッグのベルトに挑戦させろ』。NEVER6人タッグのベルトもちゃんと獲ってないお前らが何でIWGPタッグのベルト獲れるんだよ。ふざけるな。だがよぉ、今日、本来なら、俺たちはNEVER6人タッグとIWGPタッグの二冠になる予定だった。それをお前らに邪魔された。IWGPタッグのベルト、懸けろって言うんなら懸けてやるよ。その代わり、そのNEVER6人タッグのベルトは俺たちがもらう、いや、返してもらう。時期はずれたけど、IWGPタッグ、そしてNEVER6人タッグのベルト、俺たちは二冠になる。何ら変わりない。やってやるぞ、コノヤロー。覚悟しとけ」

▼後藤「望むところだ」

※2人は先に控室へ

▼石井「(※去り際に)昨日、あんな試合した自分が情けねぇよ。チクショー。これを拭い去るにはよぉ、あいつをKOするしかねぇんだ。それしかねぇんだ。EVIL、俺の挑戦を受けろ。逃がさねぇぞ」