『WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム』東京ドーム(2022年1月5日)
スペシャルシングルマッチ ○内藤哲也vsジェフ・コブ×

 内藤がデスティーノでコブを攻略。来年の東京ドーム大会でメイン出場を果たすべく逆襲がスタートした。

 昨年の12・15両国大会のタッグマッチで両者は激突。今年のG1で大暴れを見せて、新日本のトップレスラーとしての地位を確立したコブを内藤が巧みに丸め込んで撃破した。怒り心頭のコブはコメントスペースで内藤と乱闘寸前になると、一騎打ちを要求。シングル戦線での浮上を狙う内藤も受けて立つ構えを見せて、注目のシングルマッチが実現した。

 パワーファイトで前に出たコブに対し、内藤は前哨戦と同じく左ヒザ攻めで主導権。いつものようにトペに行くと見せかけて寝転ぶが、すぐさま動いてスライディングキックを浴びせた。しかし、場外戦となるとコブがアクセル全開に。ブレーンバスターの構えで抱え上げると、そのまま鉄柱に何度も衝突させてから、ランニングブレーンバスターを繰り出し、大ダメージを与えた。リングに戻ってもちぎっては投げ、ちぎっては投げ…と内藤を軽々と投げ飛ばして圧倒する。

 一方的な展開になったが、内藤はジャンピングフロントハイキックで反撃ののろし。左ヒザに低空ドロップキックを連続発射してコブの動きを止め、変型裏足4の字固めで絞め上げた。コブはヒザを気にしながらもぶっこ抜き式フロントスープレックス、バックドロップで投げ飛ばしたが、内藤はスイング式DDTで黙らせると、串刺し式の低空ドロップキックがヒザにクリーンヒット。うめき声を上げるコブに、エスペランサ(飛びつき式前転DDT)を決めると、雪崩式フランケンの構えに。

 コブが強引に雪崩式パワーボムで切り返して内藤は再び大ピンチを迎えるが、ツアー・オブ・ジ・アイランドは変型ヒザ固めに絡め取って執念。力ずくで脱出したコブにジャーマンで引っこ抜かれても、内藤は延髄斬りで必死に抵抗する。

 コブは強烈なラリアットで内藤を1回転させると、再びツアー・オブ・ジ・アイランドへ。しかし、内藤はここも未然に防ぐと、コブの巨体をバレンティアでマットに突き刺す。すかさずデスティーノがさく裂。コブから完璧な3カウントをもぎ取った。

 前日のドーム大会では「2022年の目標は、2023年1月4日、東京ドーム大会のメインイベントに戻ること。そこを目指して、年始からトップギアでいきたいと思いますよ」と語っていた内藤が、言葉通りにコブを下して絶好スタート。来年のドームメインに向けて逆襲の一歩目を刻んだ。

 「ジェフ・コブ、ホントすごい選手だな。そのすごい選手に勝った俺って、もっとすごいでしょ?ってホントは強がりを言いたいけどさ、ちょっとダメージがデカすぎるわ。まぁ俺も、そんな簡単には負けてらんないんでね。だって昨日、ここで宣言したから。2023年1月4日、東京ドーム大会のメインイベントに戻るってね」と内藤。早くも次なる動きを見せ、メインイベントで勝利したIWGP世界ヘビー級王者のオカダ・カズチカに挑戦表明をぶち上げて、対戦が決定的となった。

 その前に、1・8横浜アリーナ大会ではロス・インゴ軍とノア・金剛とのユニット総力戦が待ち受けている。今大会ではノア勢が総出で殴りこみをかけてリングをジャックしたが、内藤は「さっき、プロレスリング・ノアの選手たちが、わざわざ新日本プロレスの会場に来てくださったようだね。今日は1月5日だけど、もしかして彼ら、日付を間違えちゃったのかな? あと3日間あるわけで、俺は声を大にして言いたいよ。そう、まさにトランキーロ! あっせんなよ」と斬り捨て、「心配しなくても、金剛の皆様、我々ロス・インゴ・ベルナブレス・ハポンが最高級のおもてなしをしてあげますよ。楽しみにお待ちください」と余裕タップリに挑発した。

【内藤の話】「ジェフ・コブ、ホントすごい選手だな。そのすごい選手に勝った俺って、もっとすごいでしょ? ってホントは強がりを言いたいけどさ、ちょっとダメージがデカすぎるわ。まぁ俺も、そんな簡単に負けてらんないんでね。だって昨日、ここで宣言したから。2023年1月4日、東京ドーム大会のメインイベントに戻るってね。そういえば、さっき、プロレスリング・ノアの選手たちが、わざわざ新日本プロレスの会場に来てくださったようだね。今日は1月5日だけど、もしかして彼ら、日付を間違っちゃったのかな? 1月8日まであと3日間あるわけで、俺は声を大にして彼らに言いたいよ。そう、まさにトランキーロ! あっせんなよってね。まぁ心配しなくても金剛の皆様、我々ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが最高級のおもてなしをしてあげますよ。楽しみにお待ちください。ではでは、皆様、次は1月8日、横浜アリーナ大会でまたお会いしましょう。アディオス!」

※コブはノーコメント