『WRESTLE KINGDOM 16 in 横浜アリーナ』神奈川・横浜アリーナ(2022年1月8日)
○小島聡&天山広吉&永田裕志vsモハメド ヨネ&齋藤彰俊&キング・タニー×

 第三世代トリオがファンキー・エクスプレスを破って新日本が対抗戦先勝だ。

 第0試合・2試合目は6人タッグマッチ。天山&小島&永田とタニー&ヨネ&齋藤が激突した。かつて平成維震軍に在籍した齋藤と第三世代トリオは再会対決。永田はノアとの対抗戦の最前線に立ったことがあり、GHCヘビー級王座を戴冠したこともある。

 その永田が先発を買って出て、若手時代に何度も戦った齋藤を相手に早くも打撃戦で火花を散らす。テンコジはタニー相手にモンゴリアンチョップを交互に見舞ったが、タニーも小島、永田をボディスラムで天山めがけて次々に投げつけて譲らず。タニーダンスも披露した。

 その後も一進一退。モンゴリアンチョップを連発した天山が串刺しラリアット、ブレーンバスターの連続攻撃に出れば、齋藤もすぐさま串刺しラリアット、滞空式ブレーンバスターと同じ連続攻撃でやり返す。タニーとヨネがダブルタックルで続くと、3人がかりで踏みつけた。

 ファンキー軍に流れが傾きかけたが、天山がマウンテンボムでヨネを叩きつけると、永田がミドルキック連打、串刺しフロントハイキック、ダブルアームスープレックスの波状攻撃で巻き返す。激しいエルボー合戦で意地を張り合うと、ヨネがロケットキックで反撃。タニーが串刺しラリアット連打に出たが、永田がエクスプロイダーでぶん投げて黙らせた。

 小島も得意のエルボーを連発し、マシンガン逆水平を浴びせたが、ファンキー軍は3人連続の打撃を浴びせると、斉藤が裏落とし、タニーがダイビングボディプレスでたたみかけて勝機を作った。ヨネと齋藤が天山と永田を分断したが、小島はコジコジカッターで逆転。永田がタイナーで援護射撃すると、天山と小島がテンコジカッターをさく裂させた。粘るタニーもパワースラム、チョークスラムで反撃したが、小島は3カウントを許さず。こん身の剛腕ラリアットをカウンターで叩き込んでタニーを沈めた。

 第三世代トリオがファンキー軍を撃破。新日本が対抗戦先勝を決めた。試合後、齋藤とにらみ合って何やら言葉を交わした永田は「相手の先発が齋藤彰俊さんで良かったです。齋藤さんも久しぶりの遭遇だったけど、本当に30年近く前の齋藤彰俊と変わってなくガンガン出てきたし、やっぱり目と目が合ってそういう波長を感じたんでね。気持ち良く意地を剥き出しに戦えた」と満足げに振り返った。

 一方、天山は「対抗戦って言ったらね、俺たちも黙ってないよ。メインだろうがセミだろうが第0試合だろうが、俺たちはどこでも出るからね」と吠えまくり、「ノアとの対抗戦、1試合目から新日本が全勝、全部獲ってくれると思うよ」と断言。勝負を決めた小島もファンキー軍を称えつつ、「天山、小島、永田は一人30年のキャリア、これはただ30年やっていただけのキャリアじゃないんだ。俺たちはこの30年の間にいろんなことを経験してんだ。プロレスラーの中で多分濃密過ぎる30年を過ごしてんだ。だから、まだまだお前たちには負けたくないし、負けられない」と言い切ってみせた。

【試合後の永田&天山&小島】

▼永田「我々が思っている以上に対抗戦ということでファンの方も相当楽しみにしていたようなので。でも、相手の先発が齋藤彰俊さんで良かったです。齋藤さんも久しぶりの遭遇だったけど、本当に30年近く前の齋藤彰俊と変わってなくガンガン出てきたし、やっぱり目と目が合ってそういう波長を感じたんでね。気持ち良く意地を剥き出しに戦えたかなと思いました。あのマイバッハ(キング・タニー)とかヨネが出てきたら、ちょっと俺も調子が狂ったかもしれない。齋藤さんで良かったです。まあ、新年初めて充実した試合が出来たっていうのがあるんでコメントを初めて出しますけど、今年は永田裕志デビュー30周年。もったいぶらずに全てを出し尽くして、全力を尽くせるようにこれから戦っていきたいと思います」

▼天山「30周年!」

▼永田「ありがとうございます(と言って天山と握手)」

▼天山「頑張っていきましょう!」

▼永田「どうもありがとうございました!

▼天山「いや対抗戦って言ったらね、俺たちも黙ってないよ。メインだろうがセミだろうが第0試合だろうが、俺たちはどこでも出るからね。誰が相手だろうと。ノアのクソッタレがオイ! 今日なんかもいろいろ噛み付いてきたけど、まあ彰俊、認めるよ。ヨネ、凄いよ。タニー、オメエ、チャラチャラしてんな、クソッタレが! バカタレが、ホンマに。まあノアとの対抗戦、1試合目から新日本が全勝、全部獲ってくれると思うよ? 間違いないよ。落とすことない。絶対に新日本全勝で行ってほしい。行くしかないよね? なあ、コジ!」

▼小島「はい、ありがとうございます。キャリア30年を終え、31周年に向けて走り出しました。ヨネも彰俊も谷口もとてもいい選手だと思う。キャリアもそれなりに積んでいていい選手だと思うよ、3人とも。だけど、天山、小島、永田は一人30年のキャリア、これはただ30年やっていただけのキャリアじゃないんだ。俺たちはこの30年の間にいろんなことを経験してんだ。プロレスラーの中で多分濃密過ぎる30年を過ごしてんだ。だから、まだまだお前たちには負けたくないし、負けられないし。それだけは頭に入れておいてくれよ。俺たちはただ30年やってきたんじゃないんだよ。もの凄く濃密な30年間を過ごしてきた。だから今こうやってリングに上がることが出来るんだ」


【試合後のファンキーエクスプレス】
▼ヨネ「結果は残念ですけどね、“ファンキーエクスプレス、ここにあり"を出せたんじゃないかと思います。まあ、齋藤さんが熱いなと思いましたね。齋藤さんは(新日本のリングに上がるのは)何年ぶりですか?」

▼齋藤「もう25年ぶりぐらいになりますね」

▼ヨネ「齋藤さん、アッキーが先陣を切りたいって言ってくれて、これはもう第0試合とはいえ熱くなるなって感じだったんで、その予想通りお客さんも『これが第0試合なのか?』っていうぐらい熱く出来たんじゃないかと思います。どうでした?」

▼齋藤「今日で新日本プロレスのファンの皆さんも、もちろんノアのファンの皆さんも、そうじゃないファンの皆さんも世界にいるかもしれないけど、ファンキーエクスプレスっていうものが(自分の胸を指しながら)心に刺さったんじゃないかなと思います。最初に無理言って出させてもらって、90年代の頃に全て心も体も気持ちも戻ってやらさせてもらったんですけど、やっぱり後に信頼出来る二人がいるんで、思いっきり最初からやらさせてもらいました」

▼タニー「アッキーのこの熱さ、ちょっと繋げることが出来なくてやられてしまったけど、ファンキーエクスプレス、止まることなくドンドン行っちゃいます。すいません、今日は」

▼ヨネ「大丈夫、大丈夫! 次もあれば、絶対にファンキーに行きます! レッツファンキー!(と言って3人で決めポーズ)」