『タカタイチマニア3』東京・後楽園ホール(2022年1月10日)
○ザック・セイバーJr.&鈴木みのるvs綾部蓮&KANON×

 鈴木&ザックがオンリーギブアップマッチでJUST TAP OUTの新鋭タッグを寄せつけず圧勝した。

 鈴木軍ボス・鈴木がタカタイチマニアに登場。ザックと組んでKANON&綾部のJTO新鋭二人に胸を貸した。KANONは現在KING of JTOに君臨。綾部は200cmの大型選手だ。

 試合はギブアップのみによる決着となるオンリーギブアップルールが採用された。先発を買って出た鈴木はKANONを相手にネックロック、レッグロックを次々に決め、グラウンドヘッドロックで捕獲。KANONはヘッドシザースで切り返したが、次の瞬間、鈴木がダブルレッグロックとリストロックの複合技で絞め上げた。

 ザックも得意のグラウンドに引き込むと、レッグスプレットで固めたが、KANONも巧みに逃れてみせる。代わった綾部は身長差で手四つによる力比べを制したが、ザックがリストロック、足で絞め上げるグラウンドコブラを次々に決めて手玉に取った。

 鈴木が再び入ると、身長差に困惑しながらも、セカンドロープに上がっての手四つで渡り合う。綾部がエルボーを連発し、張り手をぶち込んでも、「こいよ、オラ!」と怒声を上げ、グラウンドフェースロック、腕極め逆片エビ固めを次々に決めてお仕置き。ザックと代わる代わるリストロックでひねり上げた。

 その後も綾部がザックのケサ固め、V1アームロック、チキンウイングアームロックに苦もん。鈴木のヒザ十字固めとザックのアームロックを同時に決められたが、ボディスラムでザックを投げて突破口を開いた。KANONもエルボー連打で続き、脇固めに捕まってもすぐさま逃れてダブルアームの構え。不発に終わっても串刺しジャンピングケサ斬りチョップをぶち込み、コブラツイストで絞め上げた。

 綾部がドロップキックで援護射撃すると、KANONはダブルアームスープレックスでザックを投げ、足極め式のグラウンドコブラで絞め上げたが、鈴木がカット。コブラ合戦を制したザックが卍固めで絡みつくと、鈴木も卍固めで綾部を分断。ザックがそのままKANONをギブアップさせた。

 JTOタッグを寄せつけず鈴木軍が完勝。鈴木は「俺もザック・セイバーJr.もな、根底にあるのはすべてレスリング」と言い切った。ピンフォールルールがあれば、足をすくわれて3カウントを奪われる可能性もゼロではなかっただけに「何でお前らが万に一つでも勝つ可能性のある偶然をなくしてんだよ」と言及すると、「このルールで偶然なんかねぇんだよ。あるのは力の差だけだ。強いか弱いか。それだけだ」と圧倒的な差を強調していた。

【鈴木の話】「これでちょうどいいぐらいだよ。飛車角、香車、桂馬、ついでに銀も落として試合してやった。けどな、俺もザック・セイバーJr.もな、根底にあるのはすべてレスリング。何がオンリーギブアップルールだよ。何でお前らが万に一つでも勝つ可能性のある偶然をなくしてんだよ。このルールで偶然なんかねぇんだよ。あるのは力の差だけだ。強いか弱いか。それだけだ。まさか自分らの仲間内でやっててちょっとできるから、もしかしてできるかもって思っちゃったの? 何言ってんだ。たかだか1年か2年、ちょっとやっただけだろ。俺がデビューして1年、2年の時なんてよ、朝から晩までずっとよ…ハハハハハ…○○○いじってたぞ。アハハハハ!」