コネチカット州アンキャスビルのモヒガン・サン・アリーナで行われたスマックダウンが日本時間9日、配信され、スマックダウン女子王者シャーロット・フレアーが30人女子ロイヤルランブル戦に出場することになった。

 この日、リングに登場したシャーロットは「ロイヤルランブル戦に出場する特別な人を発表する。ゲームチェンジャーでレジェンド、元ロウとSD女子王者でもある皆が憧れる人、シャーロット・フレアーだ」と自画自賛しながらランブル戦出場を宣言した。

 ランブル戦はレッスルマニアでの王座挑戦権をかけた時間差入場バトル。「王者として女子ロイヤルランブル戦に参戦して挑戦者を指名する」というのがシャーロットの目的だ。するとナオミが現れ、「待つ必要はない。私と今すぐ王座戦をすればいい」と対戦を要求。シャーロットにビンタを見舞った。

 これを受けて両者によるコンテンダーズ戦が急きょ行われることに。白熱の攻防が展開される中、場外戦でナオミにブロックバスターで痛めつけられたシャーロットはリングアウト負け寸前に追い込まれたが、WWEオフィシャルのソーニャ・デビルがリングアウト裁定なしのルールに変更。息を吹き返したシャーロットはナチュラル・セレクションを叩き込んでナオミを撃破した。王者シャーロットらが参戦する女子30人ロイヤルランブル戦が行われる『ロイヤルランブル』は日本時間1月30日にWWEネットワークで配信される。