ペンシルベニア州フィラデルフィアのウェルズ・ファーゴ・センターで行われたロウが日本時間12日、配信され、ドゥドロップが次期挑戦者決定トリプルスレット戦を制し、『ロイヤルランブル』でロウ女子王者ベッキー・リンチに挑戦することが決まった。

 王者ベッキーがゲスト解説を務める中、この日のメインでドゥドロップがビアンカ・ブレア、リブ・モーガンとの次期挑戦者決定トリプルスレット戦に臨んだ。リブにヘッドバット、ビアンカにバックスープレックスを決めたドゥドロップはクロスボディで二人まとめてなぎ倒すなど圧倒。パワーボムでリブを追い込んだ。

 そこへビアンカが450スプラッシュを放って勝機を逸したドゥドロップだったが、終盤、ベッキーに襲撃されたビアンカがそのまま場外乱闘となったスキにバンザイ・ドロップをリブに叩き込んで3カウントを奪取。『ロイヤルランブル』でのロウ女子王座挑戦権を獲得した。

 試合後、握手を求めたベッキーがビンタでだまし討ち。マンハンドルスラムを狙ったが、ドゥドロップは場外に弾き飛ばして返り討ちにした。「王者ベッキーvsドゥドロップ」のロウ女子王座戦が行われる『ロイヤルランブル』は日本時間1月30日にWWEネットワークで配信される。