『OPEN THE NEW YEAR GATE 2022-Final Burst Out! K-ness. Forever-』東京・後楽園ホール(2022年1月12日)
オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合 ○ドラゴン・ダイヤvsSB KENTo×

 DRAGONGATEにとって2022年最初の後楽園大会で新展開。素顔になったダイヤがKENToを破ってブレイブゲート王座を奪取した。後方支援した吉岡勇紀と電撃合体し、翌日1・13後楽園大会でKENTo&H・Y・Oが保持するツインゲート王座に挑戦することが決定した。

 昨年の12・1後楽園大会でシュン・スカイウォーカーの裏切りに遭い、マスカラ戦で敗れて素顔をさらしたダイヤ。その際に、ライバル関係にあったダイヤ・インフェルノも「お前がマスクを取った今、俺が存在する必要はない」と自ら覆面を脱ぎ捨て、正体が吉岡であることを明かした。2人は揃ってその後の大会を欠場。今後の去就に注目が集まっていた。

 この日、第7試合でシュンがR・E・Dに電撃加入。Eitaと石田凱士を追放したH・Y・Oを中心としたR・E・Dの新体制が始動した。衝撃展開を受けてそのまま大会終了と思われたが、さらなるサプライズが待ち受けていた。斎藤了GMが「今日の後楽園ホール大会はこれで終わりじゃないぞ! いいか。R・E・D。お前らの中にまだ試合をしてないヤツがいるよな。SBK、お前だ。今からブレイブやるぞ!」と宣言。ブレイブゲート王者・KENToの防衛戦が緊急決定し、挑戦者として現れたのが変貌したダイヤだった。

 マスクマンではなく、素顔で入場したダイヤは全てが吹っ切れていた。「DRAGON DIA」の文字が刻まれたスケボーに乗って、笑顔でリングサイドを一周すると、あいさつ代わりにスワンダイブ式ミサイルキックでKENToに奇襲。ノータッチトペコンヒーロでR・E・Dの面々を吹き飛ばして場内を沸かすと、「いくぞ!」と絶叫し、飛びつき式のDDTでKENToを突き刺した。

 頼もしい仲間の存在も後押しになった。H・Y・Oが場外からダイヤの足をすくって妨害すると、パウダー攻撃を狙うが、ここで突然、インフェルノが登場。H・Y・Oに加勢するかと思わせてダイヤを援護。パウダー攻撃でH・Y・Oを排除した。マスクを脱ぎ捨てて吉岡としての復活をアピールすると、その直後にダイヤがレプテリアンでKENToを一気に仕留めた。

 素顔のダイヤが劇的勝利でブレイブ王座初戴冠。笑顔を見せた吉岡と抱擁し、喜びを爆発させた。納得のいかないKENToとH・Y・Oが襲いかかり、4人は大乱闘を繰り広げた。

 怒り心頭のKENToは「誰がこの試合を仕組んだ? 誰が認めた? 俺がこんなザコに負けるはずねえよな。お前は先月の後楽園以降、このリングから姿を消したな。そうしたら、いきなりスケボーに乗ってノコノコと現れやがって。テメェらおちょくってんじゃねえぞ。テメェら2人でいったいなにができるんだよ? R・E・Dの裏切り者、ダイヤ・インフェルノ…いやザコの吉岡と組んで、お前はなにをするんだよ?」と詰問した。

 自信に満ちた表情のダイヤは「おい、SBK。俺はな、あの日、マスクを失って、ドラゴン・ダイヤのマスクとともにMASQUERADEにも別れを告げたんだよ。そして、行方をくらませていた期間、吉岡さんと話して、これからはドラゴン・ダイヤのさらなる可能性を追いかけて、この2人でやっていくことにした」とMASQUERADEとの決別と吉岡との合体を改めて表明。「そして今日、このベルトを奪い取った。でもな、俺はこれからこの2人で、このタッグでやっていく以上、もう1つ欲しいベルトがあるんだよ。ちょうどそこにあるよな。ツインゲートのベルトだよ。挑戦させろ」と要求した。

 KENToは徹底拒否の姿勢を見せたものの、斎藤GMは「ダイヤ、吉岡。このリングにお前たちが帰ってくるのを俺も、そしてお客さんも待ってたぞ」とダイヤ&吉岡の行動を歓迎。「いいじゃないか。2人でやっていくんだな。2人でこのリングをもっともっと面白くしてくれ。ツインゲート組んでやる」と即決した。当初は2・4後楽園大会をその舞台に指定しようとしたものの、「明日があったな? 明日の後楽園でツインゲート決定だ」と翌日のタイトル戦開催を決めた。

 激しい抗争の末に、二人同時にマスクを失ったものの、絆が生まれたダイヤと吉岡の新チームが明日1・13後楽園大会から始動する。ダイヤは早くも二冠獲りのチャンスを得た。これを成し遂げれば、一気にドラゲーマットの中心に立つことができる。一方、KENTo&H・Y・Oも自分たち中心のR・E・Dを創り上げたからには、ツインゲート王座を死守してその力を満天下に知らしめたいところ。翌日のツインゲート戦は2022年のドラゲーマットの行方を占う上でも重要な一戦となりそうだ。

【試合後のダイヤ&吉岡】
▼ダイヤ「まずはブレイブゲートのベルトを獲ることができました! そして、リング上で言った通り、これからはドラゴン・ダイヤと吉岡勇紀、2人でこのリング上でやっていきます」

▼吉岡「いろいろあったけど、この2人でね。明日はツインゲート。(今日は)ブレイブで、明日はツインを獲って、ダイヤは二冠、俺はツインゲートのチャンピオンとして、また2人のタッグでやっていくんで、これからよろしくお願いします」

【試合後のKENTo、H・Y・O&シュン】
▼KENTo「おい、ドラゴン・ダイヤ。テメェなめてんのか? いなくなったと思えば、なんだ、スケボーに乗りやがって。調子こいてじゃねえぞ、テメェ。俺のブレイブのベルトを獲ったからって調子こくな。そしてそして、ブレイブのベルトは置いといて、俺たちの新しい仲間、シュン・スカイウォーカーだ!」

▼シュン「箕浦、ジェイソン、エストレージャ、そしてダイヤも一緒だ。俺はな、仲間を大事にしないヤツと一緒にやっていけねえよ。俺は俺の新しい道を選んだ。必ず俺はここでトップになるから。お前らに恥ずかしい思いをさせてやるからな。お前らの決断を後悔させてやるからな」

▼H・Y・O「これ、映してくれ。(テレビカメラにトライアングルゲートのベルトを映させると踏みつけながら)トライアングルどうなるんだ? どうなるんだ、これは? 一応、二冠王者か、俺は。いや、いらねえな。いらねえな。おい明日。SBK、斎藤了GM無理矢理過ぎるよ、あれは」

▼KENTo「今日の試合もな、GM。俺、ウォーミングアップなんもやってねえんだよ。まあまあ、邪魔者2人、Eita&石田を排除して、新たな戦力シュン・スカイウォーカー。おい、このチーム、死角ねえだろ? 最強のチームが出来上がったぞ。これから…てか明日からだな。当たり前に防衛して、俺たちがドラゲーマットを独占してやるからな。楽しみにしとけ」

▼H・Y・O「そして、Eita…」

▼KENTo「石田…」

▼KAI「バイバーイ!」