オクラホマ州タルサのBOKセンターで行われたロウが日本時間19日、配信され、『ロイヤルランブル』でWWE王座に挑戦するボビー・ラシュリー(with MVP)とユニバーサル王座に挑戦するセス“フリーキン"ロリンズの挑戦者対決が実現。反則裁定に終わると、ロリンズがユニバーサル王者ローマン・レインズの“右腕"ウーソズに襲撃された。

 この日のメインはラシュリーとロリンズの挑戦者対決。ラシュリーがショルダータックルやネックブリーカーで攻め込むと、ロリンズもローリングエルボーからのペディグリーを決めて譲らず。ともに王座挑戦へ向けて好調ぶりをみせつけたが、最後はシェルトン・ベンジャミン&セドリック・アレキサンダーの乱入によって反則裁定に終わった。

 ラシュリーはダブルスープレックスやスピアーでベンジャミンとアレキサンダーを返り討ちに。これを傍観していたロリンズだったが、王者レインズの右腕であるウーソズが現れ、ダブルスーパーキックで襲撃されてしまった。「王者レスナーvsラシュリー」のWWE王座戦、「王者レインズvsロリンズ」のユニバーサル王座戦が行われる『ロイヤルランブル』は日本時間1月30日にWWEネットワークで配信される。