『LECクリンぱっ!Presents 新春黄金シリーズ』東京・後楽園ホール(2022年1月20日)
○小島聡&矢野通&本間朋晃vs鈴木みのる&タイチ&TAKAみちのく×

 矢野がKOPW奪回へ向けて鈴木を再び手錠放置刑に処し、「脱獄王でも目指せバカ」と挑発した。

 1・5東京ドーム大会での4WAY戦を制し、「KOPW2022」を獲得した鈴木。過去2年間、KOPWを保持していた矢野は手錠を使って鈴木をロープに固定放置して憂さ晴らしをした。これに鈴木がキレて遺恨がぼっ発。2・20札幌大会でのKOPW争奪戦が決まった。今宵はその前哨戦として、鈴木がタイチ&TAKAと、矢野が小島&本間とそれぞれ組んで激突したが、再び矢野の策略が冴え渡った。

 KOPWのトロフィーを手に入場した鈴木はゴングを待たずに矢野に襲いかかると、場外で痛めつける。試合権がある形で対峙すると、矢野はコーナーパットを引っぺがして金具攻撃を狙うも、逆に鈴木がそこに投げつけ、ランニングローキックをぶち込むと、再び場外で暴行。鉄柵を使ってのアームロックで拷問した。

 鈴木軍から代わる代わる攻撃を受けて矢野は悲鳴を上げるばかり。またもコーナーの金具に激突してしまうが、それでも鈴木にマンハッタンドロップを決めて窮地を脱した。

 その後、鈴木軍の猛攻を耐え抜いた小島が豪快なラリアットでTAKAを沈めて試合終了となったが、この際も鈴木と矢野は場外乱闘。混乱に乗じて、矢野が再び動く。またも鈴木を手錠でロープに固定して自由を奪ったのだ。その眼前で矢野は「来いよ! 来いよ! なにやってんだ?」と高笑い。鈴木は怒号を上げるが、矢野は笑みを浮かべたまま放置して去っていった。

 矢野はバックステージで「ダセぇな、鈴木! 何がプロレスだ。脱獄王でも目指せ、バカ野郎」と嘲笑。リングに置き去りにされた鈴木はレフェリーに当たり散らすと、矢野を追ってバックステージへと向かったが、襲撃はならず、遺恨がさらに深まる結果となった。


【矢野の話】「ダッセ!(笑) ダセぇな、鈴木! 何がプロレスだ、オイ! 脱獄王でも目指せ、バカ野郎、オイ!」

【小島の話】「新しいシリーズ、新春のシリーズが開幕し、1戦目、勝利を収めることができた。プロレスラー生活31年目を迎え、ますます調子よく、元気よくなっていってると、自分で思う。たとえ話題になってなくても、俺は今こうやって生きてるから。それがすべてだよ。(※自分の体を次々と示し)ここに立って、ラリアットがあって、この体があって、この顔があって、首があって、目があって、腕があって、全部ここに今存在している。それがすべてだよ。なぁ!? 世界中のプロレスファン、世界中の新日本プロレスファンに、この姿をまた見てもらおう。それだけです。ありがとうございました」

【本間の話】「あぁ〜、楽しかった。こんなコロナで世間が元気ない時だからこそ、プロレスでしょ。プロレス、やっぱ最高ですよ。俺個人としては、今日の試合、矢野と鈴木のKOPW(前哨戦)なのかもしれないけど、俺の中ではIWGPタッグ前王者のタイチ、あいつしか見えなかった。あいつ、やっぱスゲェよ。俺は、(1・4)東京ドームでYOSHI-HASHIと(後藤)洋央紀が新チャンピオンになったんですけど、あの試合見て、スゲェ〜興奮したし、スゲェ〜ジェラシーしかなかった。あんな素晴らしい試合があんのか!?って。あれ見て、俺がもうこのままでいいわけがない。俺と真壁で、もう1回、もう1回、あのベルトに挑戦して、そして(腰に)巻きたい。このシリーズ、タイチと何回か当たるんで、楽しみです。胸を借りるつもりで頑張りたいと思います。ありがとうございました」

【鈴木の話】「矢野、どこ行った、オイ!? 矢野…!! オイ、矢野どこいった、矢野!? (通りすがりのスタッフへ)お前、矢野か、この野郎!? あぁっ!? どこいった矢野よ、この野郎…。オイ、矢野!! (※中島を襲撃すると)オイ、矢野のトコ連れていけ!(※などと言いながら中島をコメントスペースへ連行し、さらに暴行すると)オイ、矢野!! オイ、矢野どこいった、矢野! (※ダウンした中島にストンピングを浴びせ)オイ!! ウアァァァーーッ!!(※と叫んで立ち去る)」