『LECクリンぱっ!Presents 新春黄金シリーズ』東京・後楽園ホール(2022年1月20日)
○タイガーマスク&真壁刀義vs石森太二&邪道×

 タイガーが復刻した『新春黄金シリーズ』で“燃える闘虎"と化すと宣言した。

 タイガーはイーグルスとのコンビでIWGPジュニアタッグ王座を保持しており、1・5東京ドーム大会では3WAYでの防衛戦でタイトルを死守した。石森もファンタズモとこの試合に臨んだが、ファンタズモの右足シューズから鉄板が見つかったため、試合途中で失格。2・20札幌大会では、イーグル&タイガーが改めて石森たちの挑戦を迎え撃つことに。タイガーは新日本の50周年を記念して復活した『新春黄金シリーズ』の開幕戦でIWGPジュニアタッグの前哨戦に赤い虎マスクで出陣。真壁と組んで、石森&邪道と対戦したが、気迫全開で奮闘した。

 2・11仙台大会ではタイガーとのシングルも控える石森が奇襲を仕掛けて試合はスタート。鋭い蹴りで反攻したタイガーに対し、顔面や背中をかきむしるなどラフファイトで黙らせた。外道も追随し、2人がかりでタイガーを暴行。だが、タイガーは同士討ちを誘って連携攻撃は防いでみせる。

 パートナーの真壁がパワーを活かして暴れ回り、石森にパワースラムを決めると、好機にタイガーが再登場。先ほどのお返しとばかりにミドルキックで蹴りまくる。得意の串刺しハイキックや風車式バックブリーカーを決めると、ソバットからタイガードライバーも繰り出した。

 ここで邪道に気を取られたタイガーは石森のフロントハイキックに被弾。タッチをもらった邪道は石森の援護を受けてたたみかけると、竹刀攻撃を狙う。だが、割って入った真壁が正面から竹刀攻撃を受け止めると、石森もろとも両腕ラリアットで鎮圧。すかさずタイガーはダイビングヘッドへ。邪道が避けて自爆となるも、クロスフェイス狙いを切り返してリバースダブルアームバーに捕獲し、タイガーが一気にギブアップを奪取した。

 前哨戦でタイガーが石森の眼前で邪道を仕留めて快勝。試合後も石森を挑発する。石森もそれに答えるように襲撃する素振りを見せるが、攻撃は加えずにリングを去っていった。

 気合いをみなぎらせたタイガーは、バックステージで「今日から、『新春黄金シリーズ』。このネーミングは、自分がファンの頃、ずーっと親しみを込めて見てきたシリーズです。そして今日、この赤い虎のマスク。赤といえば、『燃える闘魂』。猪木さんの作った、この新日本プロレス。僕は“闘う虎"と書いて『燃える闘虎』。“闘う虎"、今年はボッコボコにしに行きます。今まで溜まってた鬱憤を晴らさせてもらう」と闘魂を背負った“燃える闘虎"になることを宣言し、IWGPジュニアタッグ王座防衛を誓った。


【真壁の話】「オイ、見たろ全て。言っただろ、結果が全てだって、オイ! タイガーマスクはチャンピオンだろ? 勝てるわけねぇだろ、テメェらみてぇな三下がよぉ。オイ! 石森さんよぉ、邪道さんよぉ、俺から言わせりゃテメェら2対1だって余裕なんだよこっちはよぉ。オイ、タイガーに勝てるわけねぇだろ!」

【タイガーの話】「今日から、『新春黄金シリーズ』。このネーミングは、自分がファンの頃、ずーっと親しみを込めて見てきたシリーズです。そして今日、この(※自分のマスクを指さす)赤い虎のマスク。赤といえば、『燃える闘魂』。猪木さんの作った、この新日本プロレス。僕は“闘う虎"と書いて『燃える闘虎』。“闘う虎"、今年はボッコボコにしに行きます。今まで溜まってた鬱憤を晴らさせてもらう。やはり、アントニオ猪木が作ったこのストロングスタイル。僕は直接猪木さんには関わってはなくて、僕がイタリアに行った時に猪木さんと関わりを持って、ものすごくかわいがってもらってます。それは今でもそうです。ただ、僕の師匠、佐山聡、初代タイガーマスクは、アントニオ猪木の弟子です。弟子が、僕の師匠です。僕にも少しは、猪木さんの燃える闘魂、闘う魂が流れてると思ってます。今年は“闘う虎"、闘虎で頑張ります。(※IWGPジュニアタッグのベルトを叩いて)絶対に防衛します! そしてロビー、2人で絶対に防衛する。そして、オーストラリアで試合をする!」

【石森の話】「タイガーマスク、いや、老いた虎さんよぉ、今日も元気いいな! 体はダルダルだけど! ハハハハ! とは言え、現ジュニアタッグ・チャンピオン。札幌でタイトルマッチが決まってるし、その前の仙台ではシングルマッチだ。大阪での、ロビーとのシングルマッチ以外は、全戦、あの老いた虎さんとやるからな。まさに、太二の虎退治。タップリ遊んでやるよ!」