『LECクリンぱっ!Presents 新春黄金シリーズ』東京・後楽園ホール(2022年1月21日)
○マスター・ワト&田口隆祐&天山広吉vsエル・デスペラード&金丸義信&DOUKI×

 好調をキープするワトが前哨戦で連夜の快勝。それでもIWGPジュニアヘビー級王者のデスペラードは挑戦者を認めず「もうちょっとワクワクさせてくれ」とさらなる奮起を求めた。

 2・11仙台大会でIWGPジュニア王者デスペラードに挑むワト。同王座初挑戦に向けて気合いの入ったワトは前日の前哨戦第1ラウンドで先勝。他団体勢との対戦に意欲を見せるデスペラードに対し、「俺だけを見ろ」と迫っていた。

 今宵はデスペラードが金丸&DOUKIと、ワトが田口&天山と組んで対決。ゴング前からデスペラードとワトはにらみ合うが、田口が横やりを入れて「私も見なさいよ!」と吠え、ワトとのコンビによるIWGPジュニアタッグ獲りをアピールする。デスペラードは気にせずワトを蹴り飛ばして試合がスタート。場外で鉄柵に投げつけて制裁すると、3人がかりで田口に襲いかかった。田口はヒップアタックを駆使して反攻したものの、調子に乗って墓穴を掘り、デスペラード組がしばらく田口を蹂りんした。

 頼れるベテラン・天山が試合を立て直すと、ここでデスペラードとワトがようやく向かい合う。ワトはスワンダイブ式エルボースマッシュで先手を取ると、得意の足技でリズムを刻んで旋風脚へ。これは避けられたものの、デスペラードのマフラーホールド狙いを切り抜け、打撃戦を仕掛けた。デスペラードは強烈なエルボーで振り切り、バックドロップでワトを叩きつける。

 ダメージを引きずるワトに対し、タッチをもらったDOUKIは猛攻。デスペラードの援護射撃を受けて、スワンダイブ式フットスタンプを落とす。両軍入り乱れての混戦を突いて勝負に出たが、スープレックス・デ・ラ・ルナは決まらず。すかさずワトがラ・カレテラでクルリ。デスペラードの眼前で技ありの勝利を手にした。

 ワトが前哨戦に連勝。デスペラードの前で再び「俺を見ろ!」と吠えると、「何度でも俺を見ろと言い続けてやる」とアピールする。頷いたデスペラードだったが、花道を下がりながら「もうちょっとワクワクさせてくれ」と返答した。

 前日に続いて田口にIWGPジュニアタッグ挑戦を呼びかけられたワトだったが、やはりシングルに集中する構えを見せると、「俺はIWGPジュニアヘビー級王座、しっかりこの腰に巻いて、俺なりの俺のジュニアを作ってやる」と意気込んだ。

 一方、デスペラードは「『三日会わざれば刮目して見よ』ってのがあるが、たった一晩でだいぶ成長してんじゃない」とワトの変化に一定の評価を見せたものの、「もっとワクワクさせてくれ。なあ、俺はずっと言ってんじゃねえか。よそのヤツとやるって。新しい刺激をって。お前がその新しい刺激をくれるんだったら、わざわざ外に出る必要もないんだよ」とさらなる奮起を要求し、「お前がもし成長して、俺をワクワクさせてくれるんあったら、ちゃんと正面から受けてやるよ」と明言した。

【試合後の田口&ワト】
▼田口「(※1人でやって来て)まあ見てのように、マスター・ワト、ワトちゃんの調子がもの凄くいいから〜、これは狙いに行っちゃうよね〜タッグ。問題ないでしょう。タッグも獲れるっちゅうならタッグ行くしかないっしょ〜6or9で。(※あとからやって来たワトのほうを見て)ねえ、ワトちゃ〜ん。行けるわ〜。行けるわ〜。あとは実行委員次第でしょ? 実行委員がどうするか?」

▼ワト「(※戸惑いながら)待って待って待って、ちょっと待ってください」

▼田口「何よ?」

▼ワト「今、シングルのほうに集中したいので……」

▼田口「知ってるわよ! 知ってるわよ、そんなの。集中してるじゃない。(※ワトの尻を叩きながら)集中してるって話! こんだけ集中してんの。ジュニアタッグ行けるっしょ〜? 行けるっしょ〜! ジュニアタッグ行けちゃうって話よ、これもうジュニアタッグ。実行委員会、6or9やるって。だいぶ前だけどさ、タッグリーグで勝ってんのよね、あのチームに。チャンピオンチームに。メガコーチーズより強いのよ、6or9は。あのインチキシューズはいてるチームがなんで挑戦出来るのって話よ。(※しつこくワトの尻を叩きながら)集中してんだって。タッグに向けて集中してんだって。IWGPジュニアタッグに向けて集中してんだって。ちゃんと聞いて!」

※田口が先に去っていく

▼ワト「ちゃんと聞いてって…。まあいいや。もちろん田口さんの言うことも頭に入っている。入ってる…ちょっと待って、ちょっと待ってください。俺はIWGPジュニアヘビー級王座、しっかりこの腰に巻いて、俺なりの俺のジュニアを作ってやる。明日も明後日もこのシリーズ、仙台まで何遍でも言ってやるよ。俺を見ろって。エル・デスペラード、俺が楽しませてやるよ。まあ俺自身も楽しんでこのシリーズ、突っ走っていくよ」

【天山の話】「ワト、調子いいじゃない。昨日と今日と開幕からしっかりと白星。まあ田口カントクがね、なんか横からしゃしゃり出て、タッグのベルトも大事かもしれんけど、今は集中してほしいね。ワトにシングルのベルト集中させて、必ず勝利してほしいな思いますよ。あのベルトが目の前に来てんねんから。ワトやったら出来る。このままの調子で仙台まで突っ走ってほしいよね。仙台楽しみですよ。ワトが新しい時代を切り開いてくれるのを見たいですよ。OK!」

【試合後のデスペラード&金丸&DOUKI】
▼デスペラード「ああ、ドンケアだ、ドンケア」

▼金丸「何だ、あの緑のパンツは? 横でうるせえんだよ、あいつはよ」

▼デスペラード「(DOUKIを見て)だから、集中が切れたから、あんなどうしようもねえのに丸め込まれたんだろうが。そんなのがなかったら普通に勝つわ!」

▼金丸「オイオイ、この状況を考えればよ、今はシングルに集中だろ。なあ?」

▼デスペラード「ちょっと考えられませんかねえ、田口さん」

▼金丸「あいつは何を言ってんだ? 69代どうのこうの?」

▼デスペラード「そんなのにこだわります?」

▼金丸「今はシングルだからな」

▼デスペラード「(DOUKIのほうを見て)ドンケア、なんも気にするな。多分、今日はイライラしてるだろうけど」

▼DOUKI「イライラするわ、あんなの! 試合の序盤はなんだよ、あれ。集中力が続かねえよ!」

▼デスペラード「俺もそうだ。ギリギリだったわ」

▼金丸「今日は一杯飲むか?」

▼デスペラード「そうっすね」

▼金丸「景気づけに。行くぞ、オラ! よ〜し行くぞ、DOUKI!」

※金丸とDOUKIが先に去っていく

▼デスペラード「飲んで忘れろ! (※1人残ると)さて、私のほうは流石に飲んで忘れるというわけにはいきません。ノブさんが今言ってくれただろう? シングルだよ、シングル、シングル、シングル! 『俺のほうを見ろ』、『俺のほうを見ろ』って、ちったあ成長したじゃないの。昨日の今日で、『俺のほうを見ろ』、『俺のほうを見ろ』って言ってた。それしか言えなかったのに、ちょっと賢いオウムのほうがもうちょっと喋れますよっていうぐらいのヤツが、ちゃんと今日は会話になってたじゃないか。『三日会わざれば刮目して見よ』ってのがあるが、たった一晩でだいぶ成長してんじゃない。もっとワクワクさせてくれ。なあ、俺はずっと言ってんじゃねえか。よそのヤツとやるって。新しい刺激をって。お前がその新しい刺激をくれるんだったら、わざわざ外に出る必要もないんだよ。いろいろ越えなきゃいけねえ壁が多いじゃねえか? 今、よそだって感染がひろがってるじゃねえか? お前がもし成長して、俺をワクワクさせてくれるんだったら、ちゃんと正面から受けてやるよ。(※しばらく考えた後に)ヒロムはあと何年かかるつったっけ、あいつのこと? 2年つったかな? 3年かな? ちょっと早いか…」