全日本は23日、4・24後楽園大会の変更カードを発表。世界ジュニアヘビー級選手権試合「佐藤光留vsブラックめんそーれ」が正式に決まった。

 同大会で王者・光留に挑戦する予定だった大和ヒロシが新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者に認定されたため急きょ欠場。一度はタイトルマッチが中止となったが、光留が挑戦者を募ったところ、めんそーれが名乗り。自身のツイートで1000以上の「いいね」を集め、この日の千葉大会における8人タッグマッチで田村男児に勝利。当初は拒んでいた光留も認め、諏訪魔専務が代理人の大隅良雄GMを通じてドリー・ファンク・ジュニアPWF会長から承認を得て、両者による世界ジュニア戦が実現することになった。詳細は以下の通り。

☆4/24(日)東京・後楽園ホール『2022 Champion Carnival』10:30開場、11:30開始

◇第1試合◇
土方隆司
イザナギ
vs
立花誠吾
ヨシタツ

◇第2試合◇
井上凌
大森隆男
vs
田村男児
諏訪魔

◇第3試合◇
青柳亮生
青柳優馬
vs
ライジングHAYATO
宮原健斗

◇第4試合◇
▼世界ジュニアヘビー級選手権試合
[挑戦者]
ブラックめんそーれ
vs
佐藤光留
[第61代王者]
※光留2度目の防衛戦

◇第5試合◇
▼「2022 Champion Carnival」Aブロック公式戦
本田竜輝
(1/30)
石川修司

◇第6試合◇
▼「2022 Champion Carnival」Aブロック公式戦
入江茂弘
(1/30)
芦野祥太郎

◇第7試合◇
▼「2022 Champion Carnival」Aブロック公式戦
T-Hawk
(1/30)
ジェイク・リー