『ゴールデン・ファイト・シリーズ』広島サンプラザホール(2022年4月25日)
○内藤哲也&高橋ヒロム&BUSHIvsオカダ・カズチカ&YOH&矢野通×

 5・1福岡PayPayドームでIWGP世界王座に挑戦する内藤が“第2のホーム"広島で、王者オカダをKO。博多での再現を公約した。

 カープ党で知られる内藤が広島でもオカダと前哨戦。同じく福岡ドームでの一騎打ちを控えるヒロムとYOHも猛烈な火花を散らしたが、やはり“主役"となったのは内藤だった。

 矢野を金具むき出しコーナーに突っ込ませるや、ロスインゴ名物の高速コンビネーションで一気に追い込み、内藤がジャックナイフ式エビ固めで飛び込んで鮮やかに3カウントを奪い去った。

 そのままオカダと顔面密着でにらみ合った内藤は、オカダとグータッチ。かと思いきや、オカダはレインメーカーを狙ってきたものの、内藤も急所蹴りで切り返す。そしてデスティーノをさく裂させるや、大の字となったオカダの頭上でマイクを握った。

 「新日本プロレスで一番強い男、オカダが倒れてる姿を見て、ホーム広島のお客さまが大喜びしてるよ。次のタイトルマッチの試合後も同じようにオカダがリング上で倒れてることでしょう。その姿を楽しみに、5月1日、福岡PayPayドーム大会まで! トランキーロ! あっせんなよ! アディオス!」と“第2のホーム"広島のファンに福岡ドームでの“再現"を予告し、場内からの大拍手をさらった。

【内藤の話】「今日は、今年初めての、新日本プロレス広島大会! シリーズも終盤に差し掛かり、身体の痛みやダメージが蓄積されてきたけど、このタイミングで! “ホーム"広島で試合ができて、俺にとってもの凄くプラスになりましたよ。次に! ここ“ホーム"広島に戻ってくるのは、『G1 CLIMAX』。その時、チャンピオンはいったい誰なのか? オカダなのか? それとも内藤なのか? みなさま、楽しみにお待ちください。
『オカダが防衛するんだろ?』『50周年イヤーは、オカダが引っ張るんじゃない?』なんて思っている方も多いんじゃないの? だからなんだよ? やっちゃろうや。カブロン!」