あす(30日)のノア両国大会(2連戦2日目)でGHCヘビー級王者決定戦「潮崎豪vs清宮海斗」が行われることが29日、正式に決まった。このため一部カードが変更された。この日行われた両国大会初日の試合後には潮崎と清宮による調印式も開かれた。

 両国2連戦直前で新型コロナウイルス感染が発覚した藤田和之が王座を返上。両国2連戦の“大トリ"に穴が開く非常事態に清宮が名乗りを上げ、挑戦が決まっていた潮崎との新王者決定戦の実現を訴えていた。

 潮崎も承諾していたことから、ノア側で協議の結果、清宮の新王者決定戦出場が正式決定。もともと清宮は稲村愛輝と組んで丸藤正道&X組と対戦予定だったが、清宮に代わって岡田欣也が稲村と組むことになった。

 29日の両国大会初日の全試合終了後にはバックステージで調印式も開かれ、潮崎と清宮が調印書にサイン。清宮は「俺たちの世代で新しいノアを見せたい。俺が新しいノアを見せていきたいです。ファンの皆様の思いを背負って、明日のリングに立ちます」、潮崎は「清宮の熱い気持ちにリング上でしっかりと応えたいと思います。GHCヘビー級のベルト、自分も挑戦者ですけれど、渡すわけにはいかないんで。単純に言わせていただくなら、一生懸命頑張って、このGHCヘビー級のベルトを自分の腰に巻きます」と改めて決意を新たにした。

 変更後の4・30両国大会の全カード、試合順は以下の通り。


【NOAH】4/30(土)東京・両国国技館『WRESTLE UNIVERSE presents MAJESTIC 2022』13:30開場、15:00開始

◇第1試合◇
矢野安崇
アレハンドロ
vs
藤村加偉
スレックス

◇第2試合◇
大原はじめ
タダスケ
征矢学
vs
齋藤彰俊
モハメド ヨネ
キング・タニー

◇第3試合◇
スペル・クレイジー
鈴木鼓太郎
テハノJr.
Eita
NOSAWA論外
vs
進祐哉
吉岡世起
クリス・リッジウェイ
小川良成
HAYATA

◇第4試合◇
ドン・フジイ
望月成晃
vs
ケンドー・カシン
桜庭和志


◇第5試合◇
イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.
レネ・デュプリ
vs
稲葉大樹
田中将斗

◇第6試合◇
マイケル・エルガン
vs
マサ北宮

◇第7試合◇
[挑戦者]
サイモン・ゴッチ
vs
船木誠勝
[第8代王者]
※船木3度目の防衛戦

◇第8試合◇
ニンジャ・マック
アルファ・ウルフ
ドラゴン・ベイン
エクストリーム・タイガー
vs
宮脇純太
YO-HEY
小峠篤司
原田大輔

◇第9試合◇
岡田欣也
稲村愛輝
vs
X
丸藤正道

◇第10試合◇
▼GHCタッグ選手権試合
[挑戦者]
中嶋勝彦
拳王
vs
鈴木秀樹
杉浦貴
[第58代王者]
※杉浦&鈴木組初防衛戦

◇第11試合◇
▼GHCヘビー級王座決定戦
清宮海斗
vs
潮崎豪
※勝者が第38代王者に認定される


【調印式の模様】
▼清宮「自分の気持ちに応えてくださったノアに感謝しています。そして、自分を後押ししてくださったファンの皆様、ありがとうございます。俺たちの世代で新しいノアを見せたい。俺が新しいノアを見せていきたいです。ファンの皆様の思いを背負って、明日のリングに立ちます」

▼潮崎「会見の時に清宮が来て、自分とGHCヘビー級のタイトルマッチをやりたいと直訴してきた。その意気込み、その気持ち、自分は嫌いではないです。その気持ちが通ったと。自分もその清宮の熱い気持ちにリング上でしっかりと応えたいと思います。GHCヘビー級のベルト、自分も挑戦者ですけれど、渡すわけにはいかないんで。単純に言わせていただくなら、一生懸命頑張って、このGHCヘビー級のベルトを自分の腰に巻きます」