IWGP世界ヘビー級王者・オカダ・カズチカが2日、東京・八芳園で会見。6・12大阪城大会でのジェイ・ホワイト迎撃が決まり、「しっかりと戦って、乱入じゃなくてプロレスでしっかりお客さんを満足させたい」とジェイ「教育」を予告した。

 21年ぶりの開催となった5・1福岡ドーム大会でIWGP世界王者・オカダは今年3度目となる内藤哲也との対決に勝利し、4度目の防衛を果たした。が、試合後、長らく新日本を離れていたジェイが襲来。オカダは2発のブレードランナーでKOされる屈辱を味わった。

 ジェイの宣戦布告を受けて、この日、6・12大阪城大会でのV5戦が決まった。「あんなに内藤さんにボロボロにされた状態でブレードランナーして『俺の方が強い』『俺の時代だよ』と言われても誰も納得しないと思います」と意に介していないオカダは前夜を振り返って「本当にすいませんと言いたいなと。しっかりと僕が勝って終わりじゃなくて、変な乱入がありまして」と謝罪。BULLET CLUBの勢いは認める一方で、「来てるんだったら試合したらよかったんじゃないかなと僕は思いますし、試合をして、結果を残してチャレンジャーとして堂々と『俺がチャレンジするんだよ』っていうような形できたらよかったんじゃないかなと思います」と手段を選ばないジェイを批判した。

 「ただ出てきて俺が挑戦するってのは、よくわからないですし、本当にふさわしい相手なのかどうのかなとはちょっと思います」と疑問符をつけたオカダは、「しっかりと戦って、乱入じゃなくてプロレスでしっかりお客さんを満足させたい」と宣言。ジェイのやり方が間違いであると「教育」するつもりだ。「僕も昨日、内藤さんに勝って今の新日本プロレスでは僕が一番だと思ってますし、最強だと思ってます」。そう言い切ったレインメーカーは自信満々でスイッチブレードを迎え撃つ。

【会見の模様】
▼オカダ「こんにちは。昨日は内藤さんと今年3回目の対戦でしっかりと防衛することができて、今年3回目でしたけども、凄く楽しい戦いをすることができました。本当にありがとうございました。そして21年ぶりの福岡PayPayドーム大会、会場に来られたお客さん、ワールドで見られたお客さん、本当にありがとうございました。そして本当にすいませんと言いたいなと。しっかりと僕が勝って終わりじゃなくて、変な乱入がありまして。そして今回、DOMINIONでタイトルマッチ決定しました。ただね、来てるんだったら試合したらよかったんじゃないかなと僕は思いますし、試合をして、結果を残してチャレンジャーとして堂々と『俺がチャレンジするんだよ』っていうような形できたらよかったんじゃないかなと思います。ただ、あんなに内藤さんにボロボロにされた状態でブレードランナーして『俺の方が強い』『俺の時代だよ』と言われても誰も納得しないと思いますし。そこはしっかりと僕がね、久しぶりのジェイ・ホワイト、いつぶりの来日かわからないですけども、しっかりと教育して。もしかしたらジェイ・ホワイトって誰ですか?って知らないお客さんもいるかもしれないですし、そこはしっかりと戦って、乱入じゃなくてプロレスでしっかりお客さんを満足させたいと思います。ただ、BULLET CLUBが集まってあれだけの盛り上がりっていうのが生まれたのは事実ですから、それは新日本プロレスにとっては凄くありがたいことだと思いますし。だけどチャンピオンとしてしっかりプロレスの良さが皆さんに伝わるような戦いをこれからもしていきたいと思います。とりあえず僕は次はワシントンDCなので、日本はBEST OF THE SUPER Jr.。ジュニアの戦いをアメリカから、この試合見たいなという戦いが僕に届いたら、たくさんチェックしたいと思いますので、今見てる、聞いてるジュニアの選手はたくさん熱くなって盛り上げてください」

――最近のジェイをどのように見ている?

▼オカダ「何も見てないですね、はい。アメリカでやってるってのは知ってますね。新日本のアメリカの大会とかに出てるのは知ってますけど、それぐらいですかね。何をしたのかなっていう。ホント僕、好きじゃないですけど、ただ出てきて俺が挑戦するってのは、よくわからないですし、本当にふさわしい相手なのかどうのかなとはちょっと思います。マディソン・スクエア・ガーデンの時は凄かったかもしれないですけど、その時がピークだったのかもしれないですし。それまで戦えるかどうかわからないですけど、戦えるのであれば何かを残してもらいたいなと思います。僕も昨日、内藤さんに勝って今の新日本プロレスでは僕が一番だと思ってますし、最強だと思ってますので。まぁ新たな人が出てくるっていうのはいいことだと思います」

――昨日の試合後のBULLET CLUBの動きに関しては?

▼オカダ「正直まぁ凄いBULLET CLUBの勢いがこれから出てくるなと思いましたね。正直コロナ禍になってから一番勢いのなかったユニットになるのかなと思いますし。それがああやって…結局、BULLET CLUBって外国人主体のユニットだと思いますし、メインの外国人選手がたくさん帰ってきてるので、そこは僕たちだけじゃないと思いますし、いろんな選手が戦って止めていこうというのがあると思いますんで。それが今回のDOMINIONの戦いだと思ってますので。新日本が面白くなってきたなというような感じではあります」

――アンダーソン個人に対しては何かある?

▼オカダ「アンダーソン個人には、まぁ別にないですかね。何回も戦ってますし、それこそ10年前、G1の決勝で戦ったりとか、アメリカでの活躍も知ってますし。凄くなって帰って帰って来たのか、ダメになって帰って来たのか、それは6月の戦いでわかると思うので、それはそれで楽しみになるんじゃないかなと思います。また戦うこともあると思います。ワクワクはするんじゃないかなと思います」

――海外との扉が開いた感があるが、対海外については?

▼オカダ「そうですね。BEST OF THE SUPER Jr.でもたくさんの外国人選手が来ますし、僕ももうすぐワシントンDCに行くんですけども、ずっと日本の中でやってきた中で、世界の人たちに届いてない戦いもあると思うんですね。外国人選手と戦うから海外に届くという戦いも今まで何回もあったと思いますし。そういう海外のファンの人がまた新日本プロレスを注目してもらう時が来たのかなと思いますので。BEST OF THE SUPER Jr.もそうですし、僕も海外に行っていろんな選手との戦いを海外の人に見てもらって、新日本プロレスがまた一段盛り上がると思います」

――AEWとの合同興行も決まっているが意識する?

▼オカダ「そのAEWとの合同興行、どういうカードかまだ全然わからないですし、やるっていうからにはしっかりと僕が行って。僕が行かなきゃ合同興行の意味もないと思いますし。そこでまた新たな新日本プロレスのファンの皆さんを見つけたいなと思いますし、もちろん日本の新日本プロレスファンの人たちもAEWとの戦いによって、また面白いなというふうに思ってもらえるんじゃないかなと思います。いいんじゃないですかね。50周年らしく。1月にはノアさんとやって、僕は出てないですけど、この前は後楽園ホールの60周年還暦祭で全日本プロレスさんとやって、6月はAEWとやって。そういう交流をやって楽しんでもらうのも50周年らしさなのかなと思います」

――ノアとの対抗戦の時は「よく知らない」と言っていたが、AEWの知識は?

▼オカダ「それはレベルが違うから知ってますよ。やっぱりAEWですから、世界的な選手がいますし。逆に言うと日本の人が知らない人もたくさんいると思うんですよ。いくらAEWのトップ選手であってもですね。それは逆もあると思いますし。AEWしか見てない人が新日本プロレスのオカダが来たといっても『あ、こんな人いるんだ』ってことももちろんあると思いますし。そんな中でオカダ・カズチカというのを刻みたいなと思いますので。それだけの自信はありますし、それは問題ないかなと思います。いろんなトップ選手いる中で、そういう選手と戦えたら、またいろいろ元気になるんじゃないかなと。ワクワクしてもらって、合同興行早く見たいな、向こうの時間だから早起きしなきゃいけないなって、ワクワクしてもらえるような戦いを提供できたらいいなと思いますね。でもまだ先の話なんでね、詳しくはまだ何とも言えないですけど」

――王者として出たい?

▼オカダ「そうですね。もちろん、どんな時もベルトを持って行きたいなとは思ってますね」

――リング上から福岡ドームの客席を見て何を感じた? 動員を増やしていくためにどうしていく?

▼オカダ「やっぱり昨日は客席を見て寂しい部分もありましたし。だからこそ燃えますよね。うわ、入んなかったなじゃなくて、また超満員の中でやりたいし、それは東京ドームにもいえるんですけど、それが一つのモチベーションとしてチャンピオンとして戦えてるという部分もあると思いますので。僕たちはリング上の戦いをしっかりやるっていうのが一番ですし、お客さんに満足して帰ってもらうというのが一番だと思いますし。あとは新日本プロレスのスタッフの皆さんも頑張ってくれてますので、一つの目標に向かって、各会場超満員の目標に向かって一丸となってやっていけたら、またそういう時が来てくれるんじゃないかなと思いますし、それに向かって僕たちもしっかりと戦っていかなきゃいけないなと思ってます」