5・1横浜武道館大会一夜明け会見が2日、東京・渋谷区のAbemaTowersで行われ、勝俣瞬馬と小嶋斗偉の親せきの女子プロレスラーが5・22後楽園大会に参戦し、鈴季すず&藤田あかねのプロミネンスを迎え撃つことが決まった。

 5・1横浜武道館大会に鈴季らプロミネンスが乱入し、勝俣を襲撃して対戦を要求。5・22後楽園大会で「勝俣&小嶋vs鈴季&藤田」が決まったものの、この日、小嶋とともに会見に出席した勝俣は「リング上でも言ったんですけど、プロミネンスとはやりません。このカード、勝手に決めてもらうのやめてもらっていいですか? 僕は鈴季すずには1回勝ってるし、やる必要がない」と断固拒否した。

 これには今林久弥GMも困惑。「会社が決めたカードですから、やっていただかないと…」と訴えると、勝俣は「分かりました。僕、親せきに女子プロレスラーがいるんです。今日帰ってきたばかりなので。近くにいるみたいなんで。その女子プロレスラーでいいですか? 呼んでくるんで」と一時退席した。

 その後、すべての記者会見が終了しようとしたところで、勝俣に激似の金髪女性が小嶋を伴って入ってきた。その金髪女性によると、リングネームは「カルーセル・シュン」。3年前からアメリカでスーパーハードコアガールズとして活躍していたが、コロナ禍によって帰国できず。この日、3年ぶりに日本に帰ってきたのだという。

 カルーセルは「瞬馬から聞いたけど、鈴季すず選手が戦うと言ってるみたいね。瞬馬が出なくていいです。私が相手します」とプロミネンス迎撃を宣言。パートナーには小嶋の親せきという女子プロレスラー「エリザベス・トーイ」を投入すると宣言した。

 小嶋は「いないです」と全面否定したものの、今林GMが鈴木&藤田の対戦相手をカルーセル&エリザベスに変更することを決定。ルールは両軍が得意とするハードコアマッチとなった。

 アメリカでの実績を問われたカルーセルは「いろいろあったのよ。サウナデスマッチとか米国でも流行ってるのよ。そういうのやったりとか。実績は何も残してないわ。でも活躍してたので」と説明。「さっき聞いたばかりだから。米国で経験したことに比べたら小娘なんか瞬殺よ。恨みで襲ったりしたみたいね。そういうナメたことしてるクソガキって嫌いなの。私が瞬馬の代わりにぶっ潰してあげる」と鈴季制裁を予告し、「日本に帰ってこられたのはうれしいことなので、これからもまたDDTさんに上がっていきたいと思ってまーす」と継続参戦も視野に入れていた。


☆5/22(日)東京・後楽園ホール『Audience 2022』10:30開場、11:30開始

▼スーパーハードコアガールズvsプロミネンス全面対抗戦〜スペシャルハードコアマッチ
藤田あかね
鈴季すず
vs
エリザベス・トーイ
カルーセル・シュン