『Dream on 2022』東京・後楽園ホール(2022年5月5日)
○中嶋勝彦&Hi69vsモハメド ヨネ&キング・タニー×

 悩めるキング・タニーが“ファンキーエクスプレス"離脱を表明。“谷口周平"に回帰する意向を示した。

 タニーはこの日、ヨネとのコンビで中嶋&Hi69の金剛コンビと対決。終盤には中嶋をチョークスラムで叩きつけるなどして見せ場を作ったものの、パワーボムをフランケンシュタイナーで切り返されるや、トラースキックを被弾。さらには狙いすましたサッカーボールキックで顔面を蹴り上げられるや、ヴァーティカル・スパイクで完璧な3カウントを奪われた。

 そして試合後には抱き起こそうとするヨネに何事かを伝え、一瞬驚いたヨネも決意を感じてガッチリ握手。バックステージでタニーは「ファンキーエクスプレスを辞めて、谷口周平としてリスタート切りたいと思ってんだ。これから1人でやっていきたい」と告白した。

 昨年3月にファンキーエクスプレスを結成したタニーは、6月にはリングネームを谷口周平から“キング・タニー"に改め「レッツ、ファンキング」を合言葉にファンキー路線を歩んできた。…が、結果を出しきれないばかりか、ケンドー・カシンから突っ込まれて家庭内不和を告白するなど、最近ではファンキーと対比して際立つ悲哀が妙な味となっていた。

 タニーの決断をヨネも尊重。「厳しい目で見られることもあるかもしれないけど、本人が決めたことなんでね。谷口ファン、キングファンの人はぜひ応援して欲しい」とエールを送っていた。

【試合後のタニー&ヨネ】
▼タニー「ヨネ。ファンキーエクスプレスを辞めて、谷口周平としてリスタート切りたいと思ってんだ。これから1人でやっていきたい」

※ヨネと握手を交わす

▼タニー「今までファンキーエクスプレスとしてヨネ、アッキー、マサオと戦ってきて、それぞれの熱い思い、いろんな思いを教えてもらって。俺はそれを自分の糧にして、谷口周平として戦っていきたいと思います。ありがとうございました」

※タニーとヨネは互いに一礼。タニーは先に去っていく

――タニー選手の話を聞いてどう思った?

▼ヨネ「キング・タニーではできないことをたぶん本人がやりたいと思ったんだと。なんだテメェってことはないです。やっぱりレスラーなんで、それぞれの自分の輝ける場所を探すのがレスラーだと思うんで。ファンキーは決して嫌いになったわけじゃなさそうなコメントだったし、ファンキーが逆に彼を大きくしたんだったら、俺は一緒にやってきてよかったなと思うし。彼がこれからどういう風にしていくのかわからないですけど、ファンキーの冠を取って、彼の王冠も取って、どういう風に谷口周平としてね。リスタートって言ってましたけど、やっぱり厳しい目で見られることもあるかもしれないけど、本人が決めたことなんでね。谷口ファン、キングファンの人はぜひ応援して欲しいなと思います。別に遺恨もないし、コノヤローとも思わないけど。向こうが向かってきたら、それは全力で潰すしかないですよね。まあ、長年連れ添ったワイフに突然離婚を突きつけられた形。ちょっとビックリしてますけど、一生一緒というのはないんで。俺も考えることもあるしね。お互いがこれでよくなれば、一番いいんじゃないかと思います」