『DEAD or ALIVE 2022』愛知県体育館(名古屋市)(2022年5月5日)
オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合 ○ドラゴン・ダイヤvsSB KENTo×

 タイトルマッチダブルヘッダーとなったダイヤがKENToを退け、ブレイブゲート王座2度目の防衛に成功。何とか無冠を回避した。

 KENToとのブレイブV2戦が決まっていた中、シュン&ディアマンテがツインゲート挑戦を表明。ダイヤは受けて立ち、異例のタイトルマッチダブルヘッダーに臨んだ。が、第1試合でシュン&ディアマンテに敗れ、吉岡と保持していたツイン王座から陥落。しかも試合中に介入したKENToにパイプイスで殴られるなど大ダメージを負わされてブレイブ戦を迎えた。

 タイトルマッチ2試合目でダイヤはKENToの前に防戦一方。それでもランニングシューティングスタープレスで反撃に転じたが、レプテリアンが不発に終わると、急所蹴りを食らってしまう。旋回式コルバタも不発に終わったが、場外へのパワーボムは食い止めると、決死のケブラーダで宙を舞った。

 これが反撃ののろしとなった。丸め込み合戦で消耗しながらも、セカンドロープからの飛びつきDDTでグサリ。ファイアーバードスプラッシュをヒザで迎撃されてもSBシューターを首固めで切り返すと、コーナー上の攻防を制してトップロープからのアストロシザースで丸め込み、レプテリアンでニアフォールに追い込む。KENToが高速ジャーマン、SBL、クロスアームスープレックスの猛反撃に出ても3カウントを許さず。SBシューターを食い止めると、最後はダブルコークで逆転勝利を決めた。

 ダイヤが苦闘の末にKENToを下し、ブレイブ王座V2。ダブルヘッダーを完走し、一日にして無冠の憂き目を何とか回避した。