『タカタイチマニア2.5』東京・後楽園ホール(2022年5月6日)
○金丸義信&TAKAみちのくvsディック東郷&外道×

 4人全員が職人のタッグマッチは金丸が「ノブマジック」で制した。

 タカタイチマニアの主役の一人・TAKAがセミファイナルに登場。金丸との鈴木軍コンビで、外道&東郷のHOUSE OF TORTUREと対戦した。TAKAにとって相手の二人は因縁深い間柄。外道とは新日本のリングで長らく抗争し、東郷は故郷・みちのくプロレスの先輩。パートナーの金丸も屈指のテクニシャンで、ジュニア職人タッグ対決となった。

 のっけから金丸が東郷相手の化かし合いをジャックナイフで制すると、TAKAは外道にサミングをこれでもかと連発。先手を取ったかに思われたが、東郷と外道から次々にサミングでお返しされてしまう。その後も外道のベルト殴打、執ような背中へのサミングに苦もんの連続となった。

 それでもTAKAは外道と東郷をジャストフェースロックで次々に絞め上げて突破口を開いた。金丸もブリティッシュフォールで続いたが、ムーンサルトが自爆に終わると、外道に左足を狙い撃ちされてしまう。それでも足4の字固め、外道クラッチをことごとく食い止めた金丸は逆に足4の字固めで捕獲。TAKAもジャストフェースロックで東郷のカットを阻んだ。

 だが、TAKAとレフェリーを交錯させて無法地帯を作った外道がローブロー、トラースキックをお見舞い。ならばと金丸がローブローで東郷と外道を次々にもん絶させた。東郷に急所蹴りをくらわされても顔面にウィスキーを噴射。東郷もスポイラーズチョーカーで報復したが、最後は金丸が一瞬のスキを突いたサムソンクラッチで外道を丸め込んで電光石火の3カウントを奪った。

 職人対決らしい駆け引きが展開された一戦は金丸が外道に快勝。試合後、TAKAから「ノブさんのノブマジックさすがだよ。必ず勝ってくれる信頼できるパートナー」と称えられた金丸はまさに技巧派の面目躍如。「うまい酒飲みにいくか」とTAKAに祝杯を呼びかけていた。

【試合後のTAKA&金丸】
▼TAKA「見た? ノブさんのノブマジックさすがだよ。必ず勝ってくれる信頼できるパートナー、さすがノブさん」

▼金丸「ここ(頭脳)とここ(腕)のあるヤツしかいねぇじゃねぇか」

▼TAKA「確かに。この4人で一番勝ったのは信さん。勝ったのは俺たちってことだよ」

▼金丸「うまい酒飲みにいくか」

▼TAKA「よっしゃ」