全日本は7日、6・12後楽園大会の一部カードを発表。チャンピオン・カーニバル歴代優勝者プレミアムマッチ「宮原健斗&諏訪魔&鈴木みのるvs青柳優馬&石川修司&ジェイク・リー」が決まった。

 全日本50周年イヤーにふさわしい記念マッチが6・12後楽園大会で実現する。宮原&諏訪魔&鈴木と青柳&石川&ジェイクが激突するカーニバル歴代優勝者による豪華6人タッグマッチだ。

 中でも注目は久々の参戦となる鈴木。かつて全日本を主戦場としていた鈴木は三冠ヘビー級王座を2度戴冠(第35代、第42代)し、世界タッグ王座(パートナーは太陽ケア)、アジアタッグ王座(パートナーはNOSAWA論外)とタイトルを総なめにした。そして春の祭典では2009年、2010年と、ジャイアント馬場、スタン・ハンセンに次ぐ史上3人目の連覇を成し遂げている。

 全日本の歴史に名を刻んできた鈴木が50周年イヤーの全日本に参戦。かつて三冠ベルトを争った諏訪魔、エース・宮原と同じコーナーに並び立ち、青柳&石川&ジェイクと対決する。詳細は以下の通り。


☆6/12(日)東京・後楽園ホール『2022 DYNAMITE SERIES』11:30開始

▼チャンピオン・カーニバル歴代優勝者プレミアム6人タッグマッチ
ジェイク・リー[2021年優勝]
石川修司[2017年優勝]
青柳優馬[2022年優勝]
vs
鈴木みのる[2009年、2010年優勝]
諏訪魔[2008年優勝]
宮原健斗[2019年優勝]