『Audience 2022 TOUR in SHINJUKU』が6日、東京・新宿FACEで行われ、クリス・ブルックス&高梨将弘のCDKがKO-Dタッグ前哨戦に快勝。同王座V3の先に「ワールドツアー」の夢を見据えた。

 CDKは5・22後楽園大会でMAO&朱崇花の挑戦を受けるCDKがこの日、勝俣瞬馬と「しゅんまお」を組んだMAOとの前哨戦に臨んだ。4者が入り乱れためまぐるしい攻防となった中、しゅんまおの「俺たちのMADMAX」を高梨が阻止すると、クリスが2人まとめてカッターをさく裂。最後はMAOと勝俣をEverclearでまとめて丸め込んで3カウントを奪った。

 CDKがKO-Dタッグ前哨戦を制した。「MAO! タッグと(DDT)UNIVERSALのタイトル決まって。俺と久しぶりに当たるのが楽しみだって? 俺もだよ。ここ2、3年、俺の気持ちがDDTから離れてしまってるんじゃないかって? それだけは否定させてもらうぜ。このDDTを引っかき回すのは、CDK、アントーニオ本多だ」と宣言した高梨はバックステージで「2本持ってるこのベルトを今後どうしていくか。防衛したその先はワールドツアーやりたいな。タイ、シンガポール行きたいね。欧州も行きたい」との夢を描いた。

【MAOの話】「高梨さんのマイク、うれしかった。俺の本心に応えてくれた。(本格的な対戦は)タッグリーグ以来だったんですけど、タッグリーグのときって、全部短期決戦狙ってたから、ペースが速い試合になっちゃったから、じっくり当たったのは久しぶり。あっちも分からないですけど、俺のやってくることも分からないだろうし。この数年で俺のプロレスももっと変になってるから。変なプロレスをもっとぶつけていきたい」