ロードアイランド州プロビデンスのダンキンドーナツ・センターで行われた『WMバックラッシュ』が日本時間9日、ライブ配信され、コーディ・ローデスがセス“フリーキン"ロリンズとのリマッチを制した。

 ロリンズの要求を受けてコーディWWE復帰戦となった『レッスルマニア38』の再戦がこの日、実現した。序盤、コーディがスーパープレックスやコーディカッターで攻め込めば、ロリンズはファルコンアローやフロッグスプラッシュで反撃。さらにスーパープレックスを敢行したが、コーディはクロスローズを決めて勝機を作った。

 終盤にはコーディのムーンサルトを自爆させたロリンズがペディグリーをさく裂させたが、決定打とはならず。最後はタイツを掴んでのフォール合戦を制したコーディがロリンズに連勝した。