『LEC バルサン presents KING OF GATE 2022』東京・後楽園ホール(2022年5月11日)
トーナメント1回戦 ○シュン・スカイウォーカーvsEita×

 シュンが優勝経験者のEitaを逆転料理し、KING OF GATE2回戦進出を決めた。

 昨年はドリームゲート王者として出場しながら決勝トーナメント進出を目前で逃したシュンが、2年ぶりVを狙うEitaと1回戦で激突。5・5名古屋大会でシュンはツインゲート王座を、Eitaはトライアングルゲート王座を獲得したばかり。どちらも勢いに乗っている元R・E・D対決となった。

 選手コール時にコーナーに上がって拍手を煽ったEitaをシュンが奇襲。いきなりパワーボムで先手を取った。場外戦になると、Eitaが巻き返したものの、コーナーの金具をむき出しにしたところで、シュンがドロップキックを発射。Eitaを金具に衝突させてさらなるダメージを与えた。シュンは執ように額をつけてにらみつけ、罵声を浴びせると首を絞めた。

 一方的な展開が続いたが、Eitaはシュンを上手くコーナーに据え、マットへの転落を誘って形勢打開。場外戦ではパイプイスを振り下ろすと、せめぎ合いをラフファイトで優勢に進める。だが、イダルゴ、Imperial Unoはいずれも不発。シュンはブラスターからその場飛びムーンサルトダブルニードロップにつなげて再び攻勢へ。旋回式ロックボトムからSSWを仕掛けた。

 読んだEitaは背後に不時着し、カウンターのImperial Unoで勝機を掴んだものの、カバーに入った瞬間、シュンが体勢を入れ換えて押さえ込み、そのまま3カウントを奪取した。

 技ありの勝利でシュンが2回戦に進出。「Eitaの全てを封じ込めた。これがトライアングルゲートチャンピオンとツインゲートチャンピオンの違いだ」と勝ち誇った。2回戦の相手は5・15神戸大会で行われる「ラ・エストレージャvsストロングマシーン・J」の勝者となる。

【シュンの話】「Eitaの全てを封じ込めた。これがトライアングルゲートチャンピオンとツインゲートチャンピオンの違いだ」