『「DDT FREE -May-』が11日、東京・新宿FACEで行われ、5・22後楽園大会でのKO-D6人タッグ王座決定戦を控えるDAMNATION T.AとEruptionがバチバチに火花を散らした。

 5・6新宿大会で6人タッグ王座決定トーナメント1回戦が行われ、佐々木大輔&MJポー&KANONと樋口和貞&坂口征夫&岡谷英樹が勝利。5・22後楽園大会で両チームによる決勝戦=王座決定戦が行われることになった。

 この日、佐々木&ポー&KANONと樋口&岡谷&石田が激突する前哨戦が行われた。試合はDAMNATION T.Aのイス攻撃による奇襲で幕開け。キャリアの近いKANONと岡谷が激しくやり合い、樋口がブレーンクローで捕らえれば、佐々木はクロス・フェースロックで切り返すなどめまぐるしい攻防が続いた。最後はポーがラリアットからのデスバレーボムで石田から3カウントを奪取。試合後もKANONと岡谷はバチバチにエルボー合戦を繰り広げた。

 6人タッグ王座決定戦へ向けた前哨戦はDAMNATION T.A.に凱歌。「俺たちDAMNATION T.Aにたてついたところで、お前ら相手になんねぇ」と豪語した佐々木は「何だ、あの赤いの(岡谷)! KANONに勝てると思ってるのか? 俺たちに勝てる自信があるなら相手にしてやる。あと坂口がいるだろ。俺たちがまとめて潰してやる。お前ら二軍落ちだ!」と怪気炎を上げた。

 対する岡谷はKANONへの対抗意識をむき出しで「KANON! ヘラヘラしやがって。ヘラヘラできるのも後楽園までだぞ。DAMNATION T.Aがベルトにふさわしくないってことを証明してやるよ」と宣言。これには樋口も「岡谷、いい感じだよ」と頼もしげで、「やってやるよ、後楽園。坂口さん入れて勝負だ」と吠えていた。