『「DDT FREE -May-』が11日、東京・新宿FACEで行われ、副社長・彰人が『CyberFight Festival 2022』(6・12さいたまスーパーアリーナ)でのフェロモンズとの共闘に難色を示したものの、高木三四郎社長の説得に折れ、「あいつらをだまくらかして、僕がフェロモンズの一員だと信じ込ませます。それでDDT、サイバーファイト、サイバーエージェントがいてほしくないと思ってるフェロモンズを僕がしっかり壊滅させます」と宣言した。

 サイバーファイトフェスで彰人はフェロモンズの飯野“セクシー"雄貴&男色“ダンディ"ディーノ&今成“ファンタスティック"夢人と組み、高木&ケンドー・カシン&青木真也&堀田祐美子と対戦する。

 この日は大鷲透をパートナーに飯野&ディーノと対戦。試合前、ディーノが「彰人副社長! そんなにフェロモンズに入りたいんだったら、この試合で我々が査定してやる」と宣言すると、彰人は「僕は1ミリたりとも入りたくない。サイバーファイトフェスを盛り上げるためにそっちにいくだけ。そもそもプロレス界一お下劣なユニットにいくわけがない」と拒んだ。

 お構いなしのフェロモンズは試合が始まると、彰人を査定すべく要所要所でお下劣殺法への参加を要求。彰人がことごとく拒否したものの、最後は飯野が妖ーロピアンクラッチで彰人を丸め込んでフェロモンズが勝利した。

 試合後、ディーノが「入りたいふりして近づいてきて、いざ査定してやると言ったら入らない。会社が勝手に組んだかどうか知らねぇが、サイバーファイトフェスのカード、組み直せ。我々はやってられねぇ」とカード変更を要求。彰人も「今林(久弥GM)さん! こんなカード、こりごりです。僕に確認も取らずにフェロモンズなんかと組ませやがって。これは選手としてじゃなく、副社長の権限で言わせてもらう。フェロモンズと組むカード、外してくれ」と要望した。

 そこへ高木社長がやってきて「彰人副社長、サイバーファイトフェスはサイバーファイトの威信を懸けたメガイベントなんです。当日の模様はWRESTLE UNIVERSEを通して全世界に配信されます。その生中継中に放送事故があってはならない」と説得を試みた。彰人が「だったら社長が入ればいいでしょ」と言い返しても、引かない高木社長は「俺があいつららと組んだら、さすがにワナだと分かるに違いない。でも彰人君ってニュートラルな感じじゃない? だから俺が行くより、彰人副社長が彼らと組んだ方がだませるんじゃないかと思うわけです」と説得を続けた。

 彰人が拒み続けると、高木社長は「俺、五十肩がかなりきついんだよ」と左肩の痛みを訴え、「このままじゃ社長業を続けられないんじゃないかと思ってるんですよ」と言い出した。「もし社長を続けられなくなったら、サイバーファイトには副社長が2人(彰人とノア・丸藤正道)いますよね。ひょっとしたらどちらかが社長業をやらなきゃいけないかもしれない。自分としては彰人副社長を推したい」との考えを示した高木社長は「こればかりは実績がモノを言うじゃない? フェロモンズは本社も困らせてるわけですよ。そのフェロモンズを壊滅させられれば、あなたの実績につながるじゃないですか。サイバーファイトフェスでフェロモンズと組んでほしい」と懐柔を図った。

 すると彰人は社長の座に色気があるのか「高木さんがそこまで言ってくれるなら分かりました。僕がこれで実績を残したら…」と承諾。「今林さん、さいたまSAまでの間に、僕とフェロモンズが組む試合をどこかで組んでください。そこであいつらをだまくらかして、僕がフェロモンズの一員だと信じ込ませます」と要求すると、「それでDDT、サイバーファイト、サイバーエージェントがいてほしくないと思ってるフェロモンズを僕がしっかり壊滅させます」と宣言した。

 これを受けて今林GMが5・22後楽園、6・1後楽園の2大会で彰人とフェロモンズが合体するカードを組むことを約束した。