『BEST OF THE SUPER Jr.29』愛知・名古屋国際会議場・イベントホール(2022年5月15日)
Aブロック公式戦 ○石森太二vsYOH×

 石森がYOHに快勝して白星発進。「ありきたりなスーパージュニアはこの俺がぶっ壊す!」と宣言し、史上3人目となるIWGPジュニア王者の優勝を見据えた。

 5・1福岡ドーム大会でエル・デスペラードラードを破ってIWGPジュニア王座を奪取した石森。「絶対王者」となるべく王者としてのスーパージュニア優勝=シングル二冠を描いている。

 開幕戦のメインイベントとなった初戦でYOHと対決した。左腕攻めでペースを握った石森はあの手この手で徹底攻撃。YOHもドロップキックで反撃し、ジャンピングエルボー、トペコンヒーロ、ミサイルキックの波状攻撃で巻き返したが、石森はショルダーアームブリーカー、コーナー金具攻撃、ショルダーバスターと再び左腕攻めを展開した。

 流れがつかめない苦しい展開が続いたYOHだったが、石森の追撃をことごとく読むと、ドラゴンスクリューを連発。悲痛な声を上げる石森をヒザ十字固めで絞め上げた。低空ドロップキックで足攻めを続けると、ファルコンアローから再びヒザ十字固めで捕獲。耐えた石森にロコモーション式ジャーマンで追い討ちをかけた。

 石森もサイファーウタキで反撃するものの、YOHがエルボー合戦を乱打で制してペースを渡さない。それでも石森はジャンピングニーをぶち込んだが、ブラディークロスは決められず。YOHがファルコンアロー式牛殺しをさく裂させ、一気にDIRECT DRIVEを仕掛けた。

 ピンチを迎えた石森だったが、これを阻止すると、YOHを左の肩口から鉄柱に叩きつけた。ブラディークロスをYOHが阻止してトラースキックをカウンターで見舞ったが、DIRECT DRIVEは石森が回避。ミスティカ式Bone Lockで捕らえてYOHをギブアップに追い込んだ。

 石森が初戦でYOHを破って白星スタート。井上亘、プリンス・デヴィットに次ぐ史上3人目となるIWGPジュニア王者の優勝へ向けて第一歩を踏み出した。スーパージュニア優勝者が王者に挑戦するのが通例となっているが、石森はそれを自らの手で食い止める構え。「ここ数年、チャンピオンとして スーパージュニア制覇したヤツいねえよな? スーパージュニア優勝したヤツがその時のチャンピオンに挑戦するって、なんかそんな流れになってるよな? そんなありきたりなスーパージュニアはこの俺がぶっ壊す!」と高らかに宣言した。

 次戦は5・18仙台大会の田口戦。地元で宮城出身対決を迎える。「俺を見ろ。俺がジュニアの強さと凄さを見せつけてやる」と豪語した石森が史上3人目の快挙へこのまま突き進むか。


【石森の話】「YOHについてはリング上で言った通りだよ。まぁ、次だよ次。次はヤツだろ? ヤツだろ? なぁ? 田口。はぁ、あいつケツ出さないとか言ってたけどさ、今日どうだった? 出してたんだろ? ちょっとチラっと見てたけど、凄いふざけてたじゃない。ホントでたらめだよな。そもそもな、地元・仙台。そこで田口vs石森戦が何でメインになんねぇかわかるか? それは田口が本当にでたらめで何をしでかすかわかんねぇからだよ。あいつ絶対こっちは出すじゃん。で、たぶん放送禁止になると思うけど、あいつ俺の試合でやると思うんだよ。ぜーんぶ。そうなると後日ワールド配信はなぜか俺と田口戦だけはカットされてんだよ。そういうふうなことを考えてたぶんメインから外したんだよ。そうだろ? ま、いいんだけどさ。宮城県出身レスラー、YOH、田口、石森。ロクなヤツいねぇもんな(苦笑) まぁ、それはそうと田口、俺はお前の誘いに絶対乗んねぇからな。絶対だからな!」

【YOHの話】「はぁ…なぁチャンピオン…射程圏内だ。負け惜しみでも、なんでもなくさ。次も、ベストでいってやる…」