『BEST OF THE SUPER Jr.29』愛知・名古屋国際会議場・イベントホール(2022年5月15日)
Aブロック公式戦 ○アレックス・ゼインvs金丸義信×

 金丸のヒザ攻めに苦もんしたゼインだったが、華麗な空中殺法で巻き返し、最後はシナモンツイストで逆転勝利。スーパージュニア白星発進を果たした。

 ゼインは『NJPW STRONG』で活躍する新顔。180cmの長身を誇るハイフライヤーで、CIMA率いるOWEやWRESTLE-1に出場経験がある。今回が注目の新日本初上陸&スーパージュニア初出場。公式戦初戦でくせ者・金丸と対戦した。

 ゼインは赤い髪の毛を頭頂部にまとめ、赤いロングタイツに赤いヒジのサポーター、赤いシューズと赤備えで登場する。対する金丸はのっけからペースを渡さず、長身のゼインに飛びついてスリーパーに固めると、空中戦を防ぐべく低空ドロップキックから左ヒザ攻めを展開。鉄柱にも叩きつけ、教科書通りの一点集中攻撃でジワリジワリと追い詰めた。

 しかし、ゼインは金丸を場外に蹴落とすと、リング内でセカンドロープに飛び乗り、そのままケブラーダを敢行。一気に主導権を奪う。各種エルボーを乱れ打ち、水面蹴りで金丸を前屈みにさせると、前転ギロチンドロップを後頭部に落とした。

 続くファイヤーバードスプラッシュは不発。不時着したものの、ヒザに痛みが走ると、見逃さない金丸は低空ドロップキックから足4の字固めに捕らえる。金丸は続くムーンサルトプレスが不発に終わり、ラリアットを食らってしまうが、またもヒザを攻めて抵抗。佐藤レフェリーを盾にしてゼインの動きを封じ、延髄斬りから丸め込みを連発した。

 なんとかしのいだゼインはトラースキックで金丸を足止め。コーナーに上がった金丸に対し、リングをダッシュし、前宙して飛びついての雪崩式フランケンを決めて一気に勝機を掴む。サイドバスターから前方に回転させて叩きつける変型フェイスバスターで追い討ちすると、最後はシナモンツイスト(コークスクリュー式ダイビングサマーソルトドロップ)で3カウントを奪った。

 策士・金丸の一点集中攻撃に苦しんだゼインだったが、空中戦で反撃し、最後はキッチリと3カウントを奪取。白星スタートを遂げた。ゼインは「BEST OF THE SUPER Jr.開幕戦…これは“ZEST OF THE SUPER Jr."なのさ」と豪語。「ニュージャパン、俺にもっと対戦相手を与え続けてくれ。そいつらに俺のソースをぶっかけ続けてやるから。そして、そいつらを全員まるっと食ってやる! イタダキマス!」と予告した。次戦は5・18仙台大会。金丸とはタイプの違うSHOと対戦するが、宣言通りに2戦目でも新日本ジュニア戦士を食らい尽くすか。

【ゼインの話】「ラウンド1、BEST OF THE SUPER Jr開幕戦…これは、“ZEST OF THE SUPER Jr."なのさ。ニュージャパン、俺にもっとおいしい対戦相手を与え続けてくれ。そいつらに俺のソースをぶっかけ続けてやるから。そして、そいつら全員まるっと食ってやる! イタダキマス!」

※金丸はノーコメント