『BEST OF THE SUPER Jr.29』仙台サンプラザホール(2022年5月18日)
Aブロック公式戦 ○石森太二vs田口隆祐×

 IWGPジュニア王者・石森が田口との“宮城ダービー"を制し、開幕2連勝だ。

 IWGPジュニア王者としてスーパージュニアに臨んだ石森は開幕戦でYOHを撃破し、「ありきたりなスーパージュニアをぶっ壊す!」と宣言。優勝者がベルトに挑戦する慣例を自らの手で阻止する構えだ。

 この日の2戦目の相手は田口。宮城県出身対決が仙台の地で実現した。ヒップアタック封印を宣言しながら開幕戦から禁を解いた田口に石森は「ケツ出すんだろ?」と挑発。田口が「出さねぇよ! 真面目にやります」と宣言すると、「キープ・オン・ジャーニー」を踊って逆挑発した。

 つられて踊ってしまった石森だったが、田口のヒップアタックをアトミックドロップで迎撃。首攻めで主導権を握ったが、スワンダイブ式ヒップアタックを食らって逆転を許し、ケツイェも被弾。オーマイ&ガーアンクルに捕まった。

 その後、両者はアンクルとBone Lockを読み合う一進一退の攻防を展開。先をいった田口がどどんを狙えば、阻止した石森はブラディークロスの構えに。田口も食い止め、丸め込み合戦に持ち込むと、赤いアンダータイツ姿となって、それもずり下げると、顔面騎乗を狙った。が、回避した石森がジャックナイフ式エビ固めで丸め込むと、田口は股間を隠すのに精いっぱいで3カウントが入った。

 石森が田口との宮城出身対決を制して開幕2連勝。「毎度、田口とやると、なんか調子狂うな。体が勝手に動いてるし、手玉に取られてる」と漏らしたが、天敵の一人を破ったことで、王者としての優勝へ向けてさらに勢いづくのは間違いない。

 次戦は5・21青森大会のアレックス・ゼイン戦。「昨日、俺が決勝でやりたいと思っているファンタズモ、デスペも白星発進。それでなんか噛み合うじゃねえかな、やったら噛み合うじゃねえかなって思うTJPだったり、ロビー、ウィーラー・ユウタ。それとリンダマンも、まあこのまま黙ってないだろうしな。なかなか面白いじゃねえか」とBブロックの戦いに感じるものがあったようで、石森は「そんなヤツらとやるために、とりあえずこのAブロック、こっからだな。こっから難敵が続くけど、確実に、着実にポイント重ねてって、最終戦のヒロムのところまで行ってやるよ」と決勝の舞台を見据えていた。

【石森の話】「毎度、田口とやると、なんか調子狂うな。体が勝手に動いてるし、手玉に取られてる。もう俺の過去なんて晒さなくていいじゃないかよ。あんなウルティモ・ドラゴンの悪ノリで誕生したユニットなんて。でも、これがセミで良かったよ。これがメインだったら、マジで締まんねえよ、フヘヘへ。まあ、とりあえず2勝目。昨日、俺が決勝でやりたいと思っているファンタズモ、デスペも白星発進。それでなんか噛み合うんじゃねえかな、やったら噛み合うんじゃねえかなって思うTJPだったり、ロビー、ウィーラー・ユウタ。それとリンダマンも、まあこのまま黙ってないだろうしな。なかなか面白いじゃねえか、Bブロック。そんなヤツらとやるために、とりあえずこのAブロック、こっからだな。こっから難敵が続くけど、確実に、着実にポイント重ねてって、最終戦のヒロムのところまで行ってやるよ。とりあえず、あの赤髪の海賊みてえなクレイジーハイフライヤーの対策でも練るか」

【田口の話】「(赤いアンダータイツを晒したまま)何をやってんだ、俺は! 俺は何やってんだ! 見えた、見えてないじゃない! 見えてないからセーフだとばっかり思ってた。見えてないからセーフ。違う! ワン・ツー・スリー獲られたんだ。ああ、うっかり。おお、うっかりだね。うっかりタグちゃん、やっちまったね。(自分の頭を叩いておどけながら)うっかりタグちゃん、やっちまったね! しょうがねえ。よし、次だな。アキラ。次は真面目にやろーかー! うっかりタグちゃん、ここまでよ。(自分の頭を叩いて舌をペロッと出して)うっかりタグちゃん! はい、ここまでです」