『BEST OF THE SUPER Jr.29』青森・八戸市東体育館(2022年5月19日)
Bブロック公式戦 ○ウィーラー・ユウタvsDOUKI×

 初出場のユウタがDOUKIを技あり料理で2戦目にして初白星。自信をつかんだユウタは続くデスペラード戦へ向けて「俺のことをナメてもらっちゃ困る」と通告した。

 AEWから初出場を果たしたROHピュア王者・ユウタは初戦でイーグルスに敗れはしたものの、元IWGPジュニア王者と互角の勝負を展開し、実力者ぶりを示した。2戦目となったこの日は、初戦でリンダマンを破ったDOUKIと対決。ユウタが技巧派ぶりを見せつけた。

 トペスイシーダで先制されたユウタは首攻めの前に劣勢となり、変型グラウンドコブラで絞め上げられたが、延髄斬り、ラリアットで反撃。トペもキッチリお返しすると、スワンダイブ式コンプリートショットをズバリと決めた。

 耐えたDOUKIはイタリアンストレッチNo.32で追い込み、デイブレイクも決めたが、3カウントは奪えず。スープレックス・デ・ラ・ルナを食い止めたユウタは丸め込み合戦で優位に立つと、エルボースタンプを首筋に乱打。動きが止まったDOUKIをシートベルトクラッチで固めて3カウントを奪った。

 ユウタがDOUKIを技あり料理。2戦目にしてスーパージュニア初白星を挙げた。「俺にとって二つ目の公式戦でようやく勝てた! 最高の気分だ」とユウタは破顔一笑。「でも公式戦で1勝したところで満足はしていられない」と勝ってカブトの緒を締めた。

 次戦は5・22秋田大会。新日本ジュニアトップの一角であるデスペラードと対決する。しかもユウタにとって初のメイン登場で、「デスペラードは何度もこのリーグ戦に出ているし、チャンピオンとしてベルトも巻いてきた。少しもナメてかかることはできない相手だ」と気を引き締めた。一方で「もちろんお前も俺のことをナメてもらっちゃ困る」と強調したユウタはデスペラードに向かって「俺は真っ向から全力でお前にぶつかっていく。今日でやっと自信がついてきた。デスペラード、覚悟しろよ」と強気に通告してみせた。

【ユウタの話】「Bブロック、俺にとって二つ目の公式戦でようやく勝てた! 最高の気分だ! DOUKIのDDTは凄い威力だった。あとDOUKIがホルヘ・リベラ・スペシャルと呼んでるあの技も食らった。俺はシートベルトクラッチと呼ぶけどな。DOUKI、もしかしたらお前は知らないのかもしれないけど、この技を俺に教えてくれたトレーナーは、彼(ホルヘ・リベラ)から直々に技を受け継いだんだぞ。だから俺だってこの技のことはよーくわかってるんだ。もちろん避け方も含めてな。DOUKI、強烈な勝負だった。でも公式戦で1勝したところで満足はしてられない。もう次の相手に気持ちを切り替えていかないと。その相手とはニュージャパンで俺の初のメインイベントとなるデスペラードだ。デスペラードは何度もこのリーグに出てるし、チャンピオンとしてベルトも巻いてきた。少しもナメてかかることはできない相手だ。もちろんお前も俺のことをナメてもらっちゃ困る。このリングはお前のホームだが、俺は真っ向から全力でお前にぶつかっていく。今日でやっと自信がついてきた。デスペラード、覚悟しろよ。じゃ、また次な」


【試合後のDOUKI】
▼DOUKI「(※コメントスペースに現れるなり顔を押さえて座り込み)ふざけんなよ、クソッ! クソッ! クッソー! ああ、あの技だけは…クッソー! 絶対、上行ってやると思ってたのにクソッ! ホルヘ先生になんて言えばいいんだよ。ふざけんな、クソッ! せっかく幸先いいスタートだったのによ。なんでこんな負けを…クソーッ! (※ここから英語で)ふざけんなよ! クソッ! ユウタ、まだ1回目の対戦だ、覚えてろよ! (※ここからスペイン語で)2回目まで気を抜くなよ。(日本語に戻して)次は倒す。まあ、いいや。まだまだトーナメントは続くからな。さてさて次の対戦相手、わかるヤツいるか?」

──ロビー選手です

▼DOUKI「“IT DOESN'T MATTER WHAT YOU SAY!"(※と、ザ・ロックの決め台詞を絶叫)。ロビー・イーグルス、あいつのことは十分に知ってる。3回やって、3回とも俺が負けてる。お前のペースもキャラクターも技もスキルも俺は全部知ってるんだよ。(※日本語に戻して)今日は負けちまったけど、(※また英語で)ロビー・イーグルス、お前を倒す準備はバッチリできてるぞ! 俺が勝ったら、もう二度と“スナイパー・オブ・ザ・スカイ"を名乗るな。代わりに“SEXY WHITE AUSTRALIAN"に変えちまえ! “JUST BRING IT!"(かかってこい!※ザ・ロックの決め台詞)“ブラザー!"(※ハルク・ホーガンの決め台詞)」