『BEST OF THE SUPER Jr.29』秋田テルサ(2022年5月22日)
Bブロック公式戦 ○ロビー・イーグルスvsDOUKI×

 DOUKIが驚がくのトペスイシーダ式DDTを敢行したもののイーグルスに惜敗して2敗目を喫した。

 初戦でリンダマンに意地の勝利を収めたDOUKIだが、続く2戦目でユウタに初黒星。対初出場組が続いた中、3戦目となったこの日は元IWGPジュニア王者・イーグルスと対決した。

 序盤から目まぐるしい読み合いで互角に渡り合ったDOUKIは場外ダイブも読み合うと、トペスイシーダ式DDTで度肝を抜いて先手を取った。その後もネックロックやグラウンドコブラでねちっこく絞め上げて主導権を握り、反撃に出たイーグルスの足攻めに苦もんしたが、ファイアーバードスプラッシュをイタリアンストレッチNo.32で捕らえて勝機を作った。

 その後もDOUKIはデイブレイクで追い討ちをかけたが、ダイビングフットスタンプが不発に終わり、着地の際に左足を痛めてしまった。すかさずイーグルスがスワンダイブ式ミサイルキックで左ヒザを射抜き、ターボバックパックを敢行。ハイキック、トラースキック、オーバーヘッドキックを立て続けに見舞うと、DOUKIも譲らずラリアットで一矢報いたが、最後はロン・ミラー・スペシャルに捕まってギブアップに追い込まれた。

 DOUKIが驚がく技を決めて存在感を示したもののイーグルに惜敗。1勝2敗と黒星先行となった。「またしてもか! お前は俺の悪夢だよ。4回やって4回全部俺が負けた」と悔しさを爆発させたDOUKIだが、「立ちはだかる壁とか、そんなことは思ってないよ。お前は俺のライバルだ。今日は読み合いに負けただけだ」としたうえで、「俺は超ポジティブな男だからな」と気持ちを切り換えた。

 4戦目は5・24後楽園大会のファンタズモ戦。「お前に一つ言いたい。ファンタズモ、お前が憎い!」と言い放ったDOUKIはここで2勝目を挙げて立て直しを図りたいところだ。

【イーグルスの話】「イスはないのか? まあいい。立ったまま話す。今日の勝利は『よくやった』と自信を持って言える。だから立って話す。俺のコスチュームを見て気づいてくれたかな? 俺は半分フィリピン人、半分オーストラリア人だからコスチュームで二つの国のアイデンティティを表現してる。俺は毎回二つの国を代表する気持ちでリングに上がってる。さっき試合後に(英語解説席の)ケビン・ケリーに『宣言通りに俺が勝った』と言った。足を壊すまではいかなかったかもしれないけど、あいつは今きっと死にそうな痛みを味わってると思う! 俺たちは永遠にライバルだ。そして何回やっても俺がお前をぶっ倒す! スズキグンはまとめて俺がぶっ倒す! さて気持ちを切り替えて次だ。アシタ…は休みだっけ? 1日休みを挟んでコーラクエン3連戦か。1日目はあの野郎、マスター・ワトだ。あいつは毎回怒りをぶつけてくるし、やる気もあるが、もっと心からの本当の気持ちを見せてみろ! あいつもタッグ王者になったことだし、前よりもっと覚悟は出来てると思う。ワト、一番強いお前でリングに上がって来い。“WAY TO THE GRANDMASTER"、その言葉の意味を俺に見せてみろ。『BEST OF THE SUPER Jr.29』はまだまだ続く。今年のキャッチフレーズ『勝利の翼を掴み取れ! Soar to Glory!』ってまるで(イーグルの)俺が優勝すると言ってるようなものだろ。ワト、全力で倒しに来い。でも最後はお前もこの“スナイパー・オブ・ザ・スカイ"に撃ち砕かれる」

【試合後のDOUKI】
▼DOUKI「(鉄パイプを杖にしながらコメントスペースに現れて座り込み)ああ、クソッ! (ここから英語で)クソッ! また、また、またしてもか! でも、なんでか分かる。クソ。仕方ない。お前は俺の悪夢だよ。4回やって4回全部俺が負けた。(ここからスペイン語で)いや、違う。お前は俺の悪夢なんかじゃない。(※日本語に戻して)4回も当たってるとよ、さすがに読み合いが深くなるな。(また英語になって)ロビー・イーグルスは間違いなく今のジュニアヘビー級のトップの一人だ。しかし…(※日本語に戻して)別に立ちはだかる壁とか、そんなことは思ってないよ。(またしても英語で)お前は俺のライバルだ。(すぐさま日本語に戻して)今日は読み合いに負けただけだ。クソッ。次、次。(またも英語で)でも、俺は超ポジティブな男だからな。次は誰だ? (わざわざ日本語に戻して)次は誰だ?」

――エル・ファンタズモ選手です

▼DOUKI「(※記者に向かって)なんでちょっと英語っぽく喋ってるんだ? なんだよ、俺に魅せられて発音を良くしたくなったかコノヤロー。(最後も英語で)エル・ファンタズモ。お前に一つ言いたい。ファンタズモ、お前が憎い! STFU(SHUT THE F○○K UPの頭文字)、BABY!」