『BEST OF THE SUPER Jr.29』秋田テルサ(2022年5月22日)
Bブロック公式戦 ○BUSHIvsマスター・ワト×

 BUSHIがワトに1年前の借りを返して2連勝だ。

 今春、デビュー15周年を迎えたBUSHIはここまで1勝1敗。初戦でファンタズモに敗れたものの、5・19八戸大会で元IWGPジュニア王者・イーグルスを破って初白星を挙げた。3戦目となったこの日はIWGPジュニアタッグ王者・ワトと対決。昨年の公式戦で敗れているBUSHIにとって雪辱戦となった。

 BUSHIは背後からのドロップキックで奇襲。場外DDTを敢行して主導権をつかんだ。スイングネックブリーカードロップ、STFで攻勢を続け、サッカーボールキックで蹴り飛ばすなど珍しく感情をむき出しに挑発する一幕もみられた。

 負けじとワトは風車式バックブリーカーで反撃し、トルニージョを発射。スワンダイブ式エルボースマッシュ、旋風脚と得意技を連発した。BUSHIは追尾式ドロップキックでやり返し、エプロンDDTを敢行して雄たけびを上げたが、ワトも譲らずハイキックでダブルダウンに持ち込んだ。

 意地の攻防が続く中、ワトがハイブリッジのジャーマンで勝負に出たが、RPPを不発に終わらせたBUSHIがロープに乗せてのバッククラッカーで逆転。コードブレイカーをハイアングルで決めると、エムエックスでダメ押しして3カウントを奪った。

 BUSHIが1年前の雪辱を遂げて2連勝。白星先行で勝ち点を4に伸ばし、「いいイメージだ! ちょうど3分の1を終えたか? 今日で公式戦2勝1敗。おい、川人。リベンジ・コンプリートだよ。とりあえず去年の借りは返したぞ」と勝ち誇った。4戦目は5・24後楽園大会のユウタ戦。「この公式戦で目を向けてるのはIWGPジュニアシングルのベルトだ」と言い切ったBUSHIは、この勢いのまま白星を重ね、記念イヤーの栄冠獲りへ突き進む。

【BUSHIの話】「よし! よし! いいイメージだ。いいイメージだ! 前半戦? いや、ちょうど3分の1を終えたか? 今日で公式戦2勝1敗。おい、川人。リベンジ・コンプリートだよ、とりあえず。去年の借りは返したぞ。まだな、この先、借りを返さなきゃいけないヤツはたくさんいるんだよ。それにしても開幕3連敗だってな。IWGPジュニアタッグチャンピオン、ベルトが泣いてるんじゃないか? まあ、でも今、この公式戦で目を向けてるのはIWGPジュニアシングルのベルトだ。とりあえずはまだ大人しくしておくよ。そして次は未知との遭遇、ウィーラー・ユウタ。初めて当たるぜ。初めて触れるよ。いやあ、お前との試合、全くどうなるか分からない。だからこそ、今日のメインをしっかり見させてもらうよ。そしてお手本にさせてもらうよ」

【ワトの話】「(IWGPジュニアタッグのベルトを抱えながらコメントスペースに現れると寝転がり)ああクソ。クソ、BUSHI、BUSHI、お前だけには絶対負けたくなかったよ。(立ち上がって)3連敗、これからさ、次はロビー、その後はエル・デスペラード、その後はティタン、リンダマン、DOUKI。全員、ホームラン打ってやるよ。俺は逆転で優勝までノンストップで駆け昇ってみせる。そして、しっかり3人には借りは返す」