『BEST OF THE SUPER Jr.29』秋田テルサ(2022年5月22日)
Bブロック公式戦 ○エル・デスペラードvsウィーラー・ユウタ×

 デスペラードがAEWのROHピュア王者・ユウタを破って無傷の3連勝。ユウタを絶賛し、再来日のエールを送ると、2日後に迫ったリンダマンとのシングル初対決へ向けて「アイアンマンだよ、お前は。でも次は俺だぜ」と宣戦布告した。

 スーパージュニア初優勝を狙うデスペラードはここまでティタン、TJPを破って2連勝。3戦目となったこの日のメインでAEWから初出場となったROHピュア王者・ユウタと対決した。

 鉄柱を利しての足攻めで先手を取ったデスペラードだが、ユウタはマンハッタンドロップ、延髄斬りの連続攻撃で反撃を開始。スワンダイブ攻撃が不発に終わり、着地の際に足を痛めながらもトペスイシーダを放った。さらにロープ越しのアームブリーカー、ダイビングボディアタックの波状攻撃を浴びせたが、デスペラードはドラゴンスクリュー、マフラーホールドと再び足攻めで攻勢に出た。

 ユウタもギターラ・デ・アンヘルを食い止め、ペインスリラー(変型アングルスラム)を狙ったが、不発に終わらせたデスペラードがヌメロ・ドスで捕らえた。粘るユウタも脇固めで切り返し、師匠ブライアン・ダニエルソンばりのキャトル・ミューティレーション(リバースチキンウイング)で捕獲。耐えたデスペラードはスパインバスター、ギターラ・デ・アンヘルでたたみかけた。

 それでもユウタはショルダーアームブリーカーが反撃し、ペインスリラーを3度目のトライでさく裂させた。首筋にエルボーを連打すると、シートベルトクラッチを仕掛けたが、読んだデスペラードは葛西純ばりのリバースタイガードライバーを敢行した。ユウタが丸め込みを連発しても、ことごとくキックアウト。最後はピンチェ・ロコを爆発させて3カウントを奪った。

 デスペラードが熱戦の末にユウタを破って3連勝。試合後、「スーパージュニアがようやく元の形に戻りつつある中、なぜかAブロックはビッグマッチ仕様。Bブロックは狭いとこにギューギュー。でも狭いところでもギューギューになるぐらい人が来てるんだ。スーパージュニアここからもっと面白くなるぞ」と宣言し、「来年は全会場ビッグマッチだ」と1年後のスケールアップも誓って秋田大会を絞めた。

 自ら右手を差し出してユウタと握手を交わしたデスペラードは「今日チャンピオンに勝ったんで、ROHのあのベルトに関してはモノ言っていいはずだよな。スーパージュニア終わってからだな」とROHピュア王座に色気をみせた。「やってわかる素晴らしさと見てわかる素晴らしさは必ずしも両立しないんだが、あいつは絶対ここから伸びるぞ。宝だ」とユウタを手放しで絶賛し、「別のシリーズで新日本来いよ。ほいでよ、お前ノブさんとスペシャルシングルマッチ何回かやれよ。絶対凄い選手になるぞ」と再来日のエールを送った。

 4戦目は5・24後楽園大会。ついにリンダマンとのシングル初対決が実現する。G-REX王者としてスーパージュニアに出場しているリンダマンはその間、GLEAT5・18後楽園大会で入江茂弘とのG-REX王座V2戦も突破。「公式戦終わって、その足で東京に帰り、入江選手と。体重倍ぐらいあんじゃねぇか、入江さんと。正面から堂々と打ち破って、翌日また公式戦やってるんだ。アイアンマンだよ、お前は」と称えたデスペラードは「でも次は俺だぜ」と通告した。

 自らリンダマンの名前を口にし、ジュニアの祭典での一騎打ちにこぎ着けた。「何で俺がお前のこと呼んだか。確かに目に入ってた何となく。そのへんが9割です。残りの1割は、あの状況でも俺の頭の中にお前の顔があったんだよ。それ、どういうことかっちゅうのを後楽園でしっかりみせてやるよ」と宣言したデスペラードはリンダマンへの思いをすべてぶつける構えだ。

【デスペラードの話】「素晴らしい、面白い、強い、最高。いいねぇ。またここだけお前ら切り取って変なスクショすんなよ。そもそもスクショすんな。正直なところ第一印象、STRONG観てる時もAEWの解説入って彼を見てる時もずっと何か一つこれといって特徴的なものがないな。失礼ながら。というのが第一印象だった。だけど、この間の前哨戦、公式戦の本日ですね。あいつ素晴らしいぞ。でもこれは難しいんだよな。やってわかる素晴らしさとみてわかる素晴らしさは必ずしも両立しないんだが、あいつは絶対ここから伸びるぞ。宝だ。今持ち上げられて暴れ回る試合しかAEWじゃできていない。そりゃそうだ。パートナーがあのきかん坊だからな。ユウタ、別のシリーズで新日本来いよ。ほいでよ、ノブさんと組むんじゃなくて、お前ノブさんとスペシャルシングルマッチ何回かやれよ。絶対凄い選手になるぞ、お前。よし、とりあえず終わった公式戦はこれでよかろう。ユウタ、またやろうな。楽しかったよ。次の話だ。リンちゃん、とうとう来たな。凄いな、お前。公式戦終わって、その足で東京に帰り、入江選手と。体重倍ぐらいあんじゃねぇか、入江さんと。正面から堂々と打ち破って、翌日また公式戦やってるんだ。アイアンマンだよ、お前は。でも次は俺だぜ。何で俺がお前のこと呼んだか。確かに目に入ってた何となく。そのへんが9割です。残りの1割は、あの状況でも俺の頭の中にお前の顔があったんだよ。それ、どういうことかっちゅうのを後楽園でしっかりみせてやるよ」

【ユウタの話】「(コメントスペースに現れると左ヒザを氷のうで冷やしながら座り込み)メインイベントで試合をしたレスラーは、なんでいつも床に倒れてコメントしてるんだろうなんて思ってたけど、こういうことか。エル・デスペラード、今日は明らかにお前のほうが強かった。俺のリーグ戦最初の相手、ロビー・イーグルスの時と同じだ。そこは正直に認めるしかない。お前らがアメリカまで戦いに来るっていうのなら、このベルトに挑戦させてやるよ。俺もその覚悟は出来てるぜ。クソ。研究に研究を重ねて完璧な作戦で挑んだのに。腕への集中攻撃はあいつも予想出来なかったと思う。でもあいつはそれも切り抜けてやり返してきた。やっぱりあいつは凄い。でも落ち込んでる場合じゃない。コーラクエンホールに向けて気持ちを切り替えないと。次の相手はBUSHI。気づけば俺はもう(得点で)Bブロックの下位だ。BUSHI、コーラクエンでウィーラー・ユウタの最大の覚悟をお前にぶつける。クソ、どこもかしこも痛い! F○○K!」