『BEST OF THE SUPER Jr.29』東京・後楽園ホール(2022年5月24日)
Bブロック公式戦 ○マスター・ワトvsロビー・イーグルス×

 ワトがイーグルスに逆転勝利を収め、4戦目にしてようやく初白星を挙げた。

 3年連続出場となったワトだが、ここまでTJP、ファンタズモ、BUSHIに敗れて3連敗。これ以上の負けが許されそうにない状況で元IWGPジュニア王者・イーグルスと対決した。

 のっけから両者はフロントハイキック合戦、ローキック合戦、ソバット合戦で火花。制したワトが早くもベンダバールで捕らえた。逃れたイーグルスもミドルキックで蹴りまくったが、ワトは風車式バックブリーカーで鎮圧。トルニージョを放って雄たけびを上げ、スワンダイブ式エルボースマッシュ、ローリングソバットの波状攻撃に出た。

 イーグルスも後頭部へのスライディングラリアットを放ってワトの攻勢を止めた。ファイアーバードが不発に終わっても丸め込みを連発し、返したワトがゼロ戦キックで反撃し、ロン・ミラー・スペシャルを阻止して打撃の雨を降らせたが、イーグルスの水面蹴りで止められ、ロン・ミラー・スペシャルに捕まってしまった。

 ピンチを迎えたワトだったが、意地でロープに逃れると、ターボバックパックも決めさせず。高角度ジャーマンで反撃ののろしを上げた。イーグルスが狙ったトップロープからの雪崩式攻撃、場外ダイブをことごとく阻止。それでもイーグルスがハイキック、トラースキック、ジャンピングハイキックの波状攻撃に出たが、ワトはアサイDDT、ターボバックパックをいずれも決めさせず。ラ・カレテラで丸め込んで3カウントを奪った。

 ワトがイーグルスの猛攻をしのいで逆転勝利。4戦目で待望の初白星を挙げた。しかも元IWGPジュニア王者からの価値ある1勝。「よーし! 勝った! ここからだ。俺は巻き返す。こっから巻き返してやるよ」と宣言したワトの5戦目は明日5・25後楽園大会のデスペラード戦。この日の勝利を足がかりに大逆襲に転じるつもりだ。

 コロナ禍の無観客時に凱旋してから約2年。この日、たくさんのファンで集まった客席を思い起こしたワトは「一歩ずつ前に行けば、今日のこういった光景が見れるってことだ。その中で俺は一つの道を作った。これからの未来の道も俺は作っていく」と誓った。そのための大きな「一歩」となるのがスーパージュニア優勝であることは言うまでもない。

【ワトの話】「あぁ、クソー! ヨシッ! ヨーシ! 勝った!! ここからだ、ここからだ。俺は巻き返す。こっから巻き返してやるよ。そしてな、優勝への道へ必ず繋げるために、それが今日出た“ラ・カレテラ"。そうだ、道って意味がある。そうだ、こうやって一歩ずつ、一歩ずつ、早かれ遅かれ人にはスピードがある。その、どうだっていい。ただ、一歩ずつ前に、一歩ずつ前に行けば今日のこういった光景が見れるってことだ。そうだろ? 俺が帰ってきた時は誰もいなかった。そして今、まだ完全ではないけど、たくさんのお客さんがいた。その中で俺は一つの道を作った。これからの未来の道も俺は作っていくぞ!」

【イーグルスの話】「どういうことだ? 誰か何が起こったのか俺に説明してくれよ! ふざけるなよ! 俺が熱い気持ちをぶつけてこいって言ったら、お前はその通りできた。だからこの結果を招いたのは俺自身ってことか? 俺が気持ちをぶつけてこいなんて言ったばかりに! ワト、クソ! クソ!」