『BEST OF THE SUPER Jr.29』東京・後楽園ホール(2022年5月24日)
Aブロック公式戦 ○金丸義信vs高橋ヒロム×

 金丸が足攻めを完遂して昨年覇者を撃破。ヒロムは4戦目で初黒星を喫した。

 3連勝中の昨年覇者・ヒロムと3連敗中の金丸は5・22秋田大会でタッグ対決。この時、金丸がヒロムから「BOSJ29攻略本」を奪い取って揺さぶりをかけ、公式戦を迎えた。

 大岩陵平が発見し、攻略本を取り戻すことができたヒロムだが、ゴング前に低空ドロップキックを食らって出鼻をくじかれた。トラースキック、ターンバックルデスバレーボムで反撃に移り、一気にTIME BOMBを仕掛けたものの、サムソンクラッチで切り返されてニアフォールに追い込まれてしまった。

 すかさず金丸は低空ドロップキック連射、ニークラッシャーで左ヒザを徹底攻撃。足4の字固めで捕らえた。何とかロープに逃れたヒロムだが、鉄柱を利してのレッグロック、イス攻撃、イスへのニークラッシャーとなおも続く足攻めに悲鳴の連続。南側鉄柵に叩きつけらると、左足にイスを投げつけられた。

 場外カウント19でかろうじてリングに生還したヒロムだったが、金丸に低空ドロップキックを連発されると、再び足4の字固めに捕まった。意地でも耐え続けたものの金丸は逃さず。ヒロムはギブアップを選ぶしかなかった。

 昨年覇者・ヒロムが4戦目でついに初黒星を喫した。試合後はセコンドの肩を借りて引き揚げ、「言い訳なんてしねぇ! 金丸、覚えとけ!」とリベンジを誓った。明日5・25後楽園大会では折り返しの5戦目となるYOH戦を控えているが、この日の敗北が肉体的にも精神的にも今後のリーグ戦に影響を及ぼさないか懸念されるところとなった。

 一方、金丸はリーグ戦初白星。しかも昨年覇者を破っての会心勝利で「ヒロムが言ってたよな、会見で。『俺を止めてくれ』ってよ。止めてやったよ。ただそれだけのことだ」と勝ち誇った。5戦目の相手は石森。「BEST OF THE SUPER Jr.、この戦い、こういうのもいるっつぅことをよく覚えとけよ」と通告した金丸は昨年覇者に続き、今度はIWGPジュニア王者狩りを狙う。

【金丸の話】「オイオイ、ヒロムが言ってたよな、会見で。『俺を止めてくれ』ってよぉ。止めてやったよ。ただそれだけのことだ。オイ、『BEST OF THE SUPER Jr.』、この戦い、こういうのもいるっつぅことをよく覚えとけよ!」

【ヒロムの話】「(両肩を担がれ、うめき声を上げてインタビュースペース前を通過しながら)言い訳なんてしねぇ! 金丸、覚えとけ! クソー!」