『BEST OF THE SUPER Jr.29』東京・後楽園ホール(2022年5月25日)
Aブロック公式戦 ○金丸義信vs石森太二×

 スーパージュニア唯一の無敗をキープしていたIWGPジュニア王者・石森が、苦手な金丸に敗れて初黒星。

 ノア時代から金丸を大の苦手としてきた石森。いまだシングルマッチでは一度しか勝ったことがない。これまで何度も“落とし穴"に煮え湯を飲まされてきただけに、無傷の5連勝がかかった一戦でも開始直後から露骨に金丸の“策"を警戒した。

 ドロップキックで奇襲されても、応戦せずに場外に出て流れをリセット。ならばと金丸は場内外の追いかけっこに持ち込んで石森を動かすや、多回転式のスイングDDT、裏DDTと一気に畳みかけるや、ディープインパクトで仕留めにかかった。

 石森も空中キャッチしてのサイファーウタキで巻き返したが、焦ってベルト攻撃を狙ったところでレフェリーと押し問答。すかさずウイスキーを口に含んだ金丸は、レフェリーを押しのけて石森の顔面に噴射すると、サムソンクラッチで丸め込む。キックアウトされても再び足をクロスさせながら押さえ込み、今度はギリギリで3カウントが数えられた。

 3分足らずでまたしても“鬼門"に屈した石森は、「勝てねえーーー!! 何でだ!金丸に勝てねえーー!」と悔しがって、なかばさく乱状態。一方で今回も“お得意様"を料理して2勝目をゲットした金丸は「こんなもんだわ。バンバンこれから、足元をすくってやるからよ」と涼しい顔だった。

【金丸の話】「まあこんなもんだわ。オイ、あれがチャンピオンかー……。オイ、シングルチャンピオン強いな、オイ、ジュニアの。オイ、あいつもそうだろ?優勝狙ってるんだろ?こんなもんでよ、バンバンこれから、足元をすくってやるからよ、よく見とけ」

【石森の話】「(雄叫びを上げバックステージに現れると、床を両手で何度も叩きながら)勝てねえーーー!! 何でだ!金丸に勝てねえーー!ああーー!(NJPW WORLDのカメラに掴みかかり)Fxxkoff!」