『BEST OF THE SUPER Jr.29』東京・後楽園ホール(2022年5月25日)
Bブロック公式戦 ○エル・ファンタズモvsエル・リンダマン×

 ファンタズモが絶好調のリンダマンを得意の“三味線作戦"でまんまと撃破。スーパージュニア4勝目を上げた。

 ともに3勝1敗で迎えた5戦目で激突。序盤から好調ぶりが目立ったのは、前夜デスペラードを破って波に乗るリンダマンだった。

 ファンタズモから頭をペチペチと叩かれて小馬鹿にされても、すかさず素早く切り返して同様の動きでお返し。“フレアーステップ"中のファンタズモをジャーマンで投げ飛ばせば、勢い十分のトペで突っ込んで早くも場内を手拍子で染め上げた

 負けじとファンタズモも剣山式ストマックバスターや落差十分のハイアングルライガーボムで強烈に巻き返したものの、リンダマンも止まらず。相手がロープに飛び乗ったところで素早く押さえつけるや、そのまま飛びつき回転ネックブリーカーで叩きつける荒業で逆転。一本背負いからDDTと畳みかけた。

 だが、ファンタズモは不自然に足をおさえて負傷をアピール。これを“三味線"と踏んだリンダマンも、ファンタズモが転調して狙ってきた首固めを力技のブレーンバスターでぶっこ抜いてみせたものの、ファンタズモも続くジャーマンは足を踏みつけて阻止だ。

 そして、さらに大げさに足負傷をアピールしてのたうち回る。レフェリーがチェックし、リンダマンも歩み寄ってきたところで、レフェリーを跳ね除けてサドンデス(トラースキック)をどんぴしゃり。リンダマンが前後不覚となったところで、すかさず必殺のCR IIで叩きつけて3カウントを奪い去った。

 GLEATの絶好調男をまんまと止めて4勝目。「これでハッキリしただろ! この団体の"イチバン"の"エル"は俺だ!」とエル・デスペラードを差し置いて勝ち誇ったファンタズモは、「明日は俺がずっと待ち望んでいたロビー・イーグルスとの勝負だぞ。あいつは俺よりも先にIWGPジュニアヘビーのベルトを巻いた。その事実がどれだけ俺を苦しめているのかお前らに分かるか!? 俺は1年以上じっくりと時間をかけてサドンデスの謎をあたためてきた。だがロビー・イーグルスの野郎にハメられて俺のサドンデスは台無しにされた」と恨み節をこじらせながら、あす(26日)後楽園大会でのイーグルス戦を見据えた。

【ファンタズモの話】「これでハッキリしただろ!この団体の"イチバン"の"エル"は俺だ!エル・リンダマン、感謝するよ。お前は頭の良い、すごい対戦相手だった。昨日のDOUKIにされたように、一瞬の隙を突いて勝負を決めにいこうとしたが、お前はそれさえも読んでいた。だが最後にこの勝負に勝ったのはお前ではなく、俺だ。明日も同じ結果を上げる。明日のカードが思った以上に話題になっていない。でも明日は俺がずっと待ち望んでいたロビー・イーグルスとの勝負だぞ。俺たちの間に何があったかここで教えてやろうか?最初にBULLET CLUBに入ってニュージャパンでデビューしたのはあっちだ。でも俺が入ってきて、あっという間にあいつを超えた。そして最終的にあいつはBULLET CLUBから抜けた。だがあいつは俺よりも先にIWGPジュニアヘビーのベルトを巻いた。その事実がどれだけ俺を苦しめているのかお前らに分かるか!? 俺は1年以上じっくりと時間をかけてサドンデスの謎をあたためてきた。だがロビー・イーグルスの野郎にハメられて俺のサドンデスは台無しにされた。お前が俺のシューズに金属の鉛のようなものを仕込んだことは分かっているんだぞ。『WRESTLE KINGDOM』(1.5 東京ドーム)以来俺は毎日毎日あの瞬間が俺の頭の中でフラッシュバックしている。さて、コーラクエンホールのメインイベント待ちに待ったファンタズモvs ロビー・イーグルスが実現だ。俺は去年、いや2年前に実現しているべきカードだったと思ってる。だが今年やっとこのタイミングでトーキョーで1番のプロレス会場で俺たちのメインイベントが組まれた。何千人もの"HEADBANGA"(ファンタズモのファン)が俺を応援してくれる。そして俺はお前を倒し、恨みを晴らす。めためたにしてやる……口では言えないくらいにな……」

【リンダマンの話】「なんだクソー!何だこれ、オイ!オイ!見てんじゃねーかあんなの、オイ!クッソー。オレの『SUPER Jr.』、こんな、こんな邪魔をされたんだ、オレは認めねえぞ、オラ!レフェリーも初めてじゃねーんだろ?あいつの戦い方。クッソー!やっぱ昨日の海野レフェリーじゃなきゃダメだな。クッソ!こんなとこで、こんな躓き方すると思わんかった……。ああ、チクショウ!」