『BEST OF THE SUPER Jr.29』東京・後楽園ホール(2022年5月26日)
Bブロック公式戦 ○BUSHIvsエル・デスペラード×

 BUSHIがデスペラードから「価値ある1勝」をもぎ取った。

 BUSHIはここまで2勝3敗と黒星先行。後楽園3連戦に突入してからユウタ、DOUKIに連敗を喫し、足踏みが続く中、この日、デスペラードとの6戦目を迎えた。

 のっけから場外ダイブの読み合いを展開し、BUSHIが場外ダイブ式コルバタで先手を取った。サッカーボールキックで蹴り飛ばしたが、デスペラードは場外ボディスラムでお返し。ラフと正攻法を織り交ぜた足攻めでヌメロ・ドスの布石を打った。

 防戦一方となったBUSHIもダイビングコルバタで突破口を開いた。素早い動きからDDTで突き刺し、ロープに固定しての低空ドロップキック、バッククラッカーで追撃。延髄斬り、フィッシャーマンスクリューの波状攻撃に出た。

 エムエックスを不発に終わらせたデスペラードはマッケンローで左足を刈り取って逆襲。スパインバスター、ギターラ・デ・アンヘルで押し戻した。ピンチェ・ロコはBUSHIがことごとく食い止め、足を預けてのスピンキックをさく裂。コードブレイカーを阻止したデスペラードがロコモノをぶち込んでも、追尾式ドロップキックで徹底抗戦した。すかさずコードブレイカー、カナディアンデストロイヤーでたたみかけたBUSHIはエムエックスをズバリと決めて3カウントを奪った。

 BUSHIがデスペラード狩りで3勝目。勝敗をイーブンに戻し、勝ち点を6に伸ばした。しかも優勝候補の一角であるデスペラードを破ったのは大きい。BUSHIは「この3連戦、一番価値ある1勝を手に入れたと俺は思ってる」と噛み締めた。

 7戦目は5・28幕張大会のティタン戦。ブロック突破の可能性を残したBUSHIは「まだ最初の一歩だよ。でも、しっかりと今日踏んだぞ。俺はデスペラードに勝ったんだよ。このBEST OF THE SUPER Jr.、まだまだわかんねぇぞ。これからだろ」とここからの逆転を見据えた。

 一方、デスペラードは2敗目を喫して勝ち点8止まり。「あまりにも印象に残んねぇセリフばっかり言うもんだからよ。すっかりてめぇのことを忘れてたよ。伏兵ってのはこういうことを言うんだろうな」と唇を噛んだ。次戦は5・28幕張大会。直前会見で遺恨が発生したDOUKIとの鈴木軍対決を控える。

【BUSHIの話】「(フラつきながらインタビュースペースに着くと床に座り込んで)俺がデスペラードに勝ったのは、もう何年も前だな。でも初めてじゃねぇんだよ。でもな、今日初めてシングルで勝ったんだよ。この後楽園ホール3連戦、ウィーラー・ユウタに負けて、昨日はDOUKIにタップアウト負け、そして今日のデスペラード。俺はこの3連戦、一番価値ある1勝を手に入れたと俺は思ってる。けど、まだ最初の1歩だよ、これは。でもしっかりと今日踏んだぞ。なぁ。俺はデスペラードに勝ったんだよ。この『BEST OF THE SUPER Jr』、まだまだわかんねぇぞ。これからだろ」

【デスペラードの話】「(後頭部を冷やしながら)チクショー…。あまりにも印象に残んねぇセリフばっかり言うもんだからよ、すっかりてめぇのことを忘れてたよ。クソッ。“伏兵"ってのはこういうことを言うんだろうな。チクショーッ!」