『BEST OF THE SUPER Jr.29』東京・後楽園ホール(2022年5月26日)
Bブロック公式戦 ○ロビー・イーグルスvsエル・ファンタズモ×

 イーグルスが25分近い熱戦の末、ファンタズモを破って3勝目。残り全勝によるBブロック突破を誓った。

 後楽園大会3連戦最終日のメインに組まれたのは外国人対決。4勝1敗のファンタズモと2勝3敗のイーグルスが対決した。昨年はシングル&タッグのIWGPジュニア2冠王に君臨したイーグルスだが、今年のスーパージュニアは黒星先行の不振で中盤戦を迎えた。

 挑発合戦、丸め込み合戦を経て、イーグルスがトペコンヒーロで先制打。鉄柱を踏み台にしての場外アサイDDTを阻止したファンタズモはやり投げで脳天から鉄柱に容赦なく叩きつけ、イスの上へのDDTを敢行。ここからファンタズモが攻勢を続けて試合を支配し、正調、トップロープ超えとトペスイシーダを連射した。

 さらに飛距離をたっぷり取ってトップロープからケブラーダを放ったものの、回避したイーグルスがランニングニーで南側鉄柵と挟み撃ち。ファンタズモがかろうじてリングに戻るとイーグルスは得意の足攻めを展開。ダメージを蓄積したファンタズモの動きが一気に鈍ると、スワンダイブ式ミサイルキックからのロン・ミラー・スペシャルで捕らえた。

 ニアロープで命拾いしたファンタズモはエルボー、張り手を何発も打ち合う意地の打撃戦をラリアット連打で制し、掟破りの逆ターボバックパックを敢行した。イーグルスもアルゼンチンで担いでのリバースデスバレーボムですぐさま逆襲。掟破りの逆サンダーキス(ダイビングボディプレス)を放ったが、ファンタズモはサドンデスで応戦。CR IIはイーグルスがウラカンラナで切り返し、ハイキック、トラースキック、延髄斬り、タイガードライバーの猛攻に出ると、ロン・ミラー・スペシャルで捕らえた。

 耐えたファンタズモは雪崩式スピニングバックブリーカーの荒技を敢行した。CR II、Vトリガーでたたみかけたものの、片翼の天使を阻止したイーグルスがリバースフランケンシュタイナーで横転からグサリ。450°スプラッシュをファンタズモの両足に投下すると、ロン・ミラー・スペシャルで絞め上げ、ようやくギブアップ勝利を決めた。

 イーグルスが熱戦の末にファンタズモを破って3勝目。「ファンタズモ、お前はリングから這いずるように出ていったな。そりゃそうだ。俺がお前の足を破壊してやったからな。今日のお前はこのスナイパーに降伏することしかできなかった」と勝ち誇った。

 後楽園3連戦を終えて、Bブロックはデスペラード、リンダマン、ファンタズモが勝ち点8で首位タイの混戦模様となってきた。その3人を2点差で追うイーグルスの7戦目は5・28幕張大会。首位グループの一人であるリンダマンと対決する。これに勝利すれば自ずと一歩前進することになり、イーグルスは「何試合負けたかなんてどうでもいい。残りのリーグ戦、全部勝って優勝決定戦に進出する。そしてAブロック1位から必ず勝つ」と宣言してみせた。

【イーグルスの話】「俺が思い描いたとおりの展開になると言っただろ。リーグ戦序盤、俺はもう寝ないと言った。だって、ブドーカンで『BEST OF THE SUPER Jr.』のトロフィーを持っている夢を見たくなかったから。現実になるまではその夢を見たくなかったんだ。だから俺は寝不足のせいで(ビデオカメラに目のあたりを示し)目の下にクマができるくらいに全然寝ていないんだ。たぶん俺は多少、白昼夢を見ているのかもしれないけど、俺の目はしっかり開いてるし、ちゃんと起きてる。ファンタズモとのカードが発表されて以来、ずっと思い描いてきたことがある。去年のスーパージュニアでヤツを倒しただけじゃダメだった。ファンタズモ、お前はリングから這いずるように出ていったな。そりゃそうだ、俺がお前の脚を破壊してやったからな! 骨が折れてるかもしれないな。今日のお前はこのスナイパーに降伏することしかできなかった。きっと今晩、俺は幸せな気分で眠れると思う。夢を見る代わりに(左手首を何度も叩きながら)ファンタズモがタップアウトする姿を頭の中で再生し続けてやるよ! (左手首のテーピングを示し)腕のテーピングに『NOZOMU』と書いたのは言葉の通り、望みを持っているからだ! ほかの選手の得点なんて気にしていられない。何試合負けたかなんてどうでもいい。残りのリーグ戦全部に勝って優勝決定戦に進出する。そしてAブロックの1位から必ず勝つ。スナイパーよりタフな選手なんかいない。俺ほど苦労してきたヤツなんかいない。この“BOB OF THE SUPER Jr."が優勝トロフィーを手にする!」

【ファンタズモの話】「(インタビュースペースに着くと前のめりに床へ倒れ込み、大の字になって顔を覆い)ノー! ノー…ノー…ノー…ウソだろ…クソ…ロビー、ロビー、ロビー!(立ち上がって)オイ、オイ、オイ!(控室の扉を蹴飛ばして)クソ!」