『BEST OF THE SUPER Jr.29』東京・後楽園ホール(2022年5月26日)
Aブロック公式戦 ○SHOvs高橋ヒロム×

 SHOが昨年覇者を無法撃破で3勝目。ヒロムはまさかの後楽園3連敗に終わった。

 昨年覇者・ヒロムは開幕3連勝から一転、後楽園3連戦に突入すると金丸、YOHに連敗を喫した。停滞ムードが漂いつつある中、この日、SHOとの6戦目に臨んだ。

 先入場のSHOはイスを手に入場ゲート前でヒロムを待ち伏せ。すると反対側のゲートから現れたヒロムが背後から迫り、イスを投げつけて機先を先制。「SHO 宇和島の恥」と書かれた「BOSJ29攻略本」で殴りつけた。ならばとSHOはリーグ戦中にヒロムがダメージを蓄積してきた左ヒザをイス攻撃で狙い撃ち。ヒロムは足を引きずりながらリングに戻ったが、SHOはヒザ十字固めで絞め上げたり、ローキックを連発したりと足攻めを続けた。

 地元・八王子を田舎呼ばわりされてヒロムの怒りが爆発。鉄柵や壁に叩きつけるなど場外戦で逆襲し、エプロン上でのデスバレーボム、サンセットフリップパワーボム、ヒロムちゃんボンバーと猛攻に出た。SHOがヒロムをレフェリーと正面衝突させ、レンチ攻撃を狙ってもヒロムはトラースキックで阻止した。

 だが、目まぐるしい読み合いはSHOがパワーブリーカーで制した。ヒロムもDで絞め上げたが、ここでEVILが電撃乱入。レフェリーを場外に引きずりおろし、SHOのタップを無効化した。それでもヒロムはEVILにトラースキックを見舞い、Dで絞め上げたが、そのスキに凶器を右足に仕込んだSHOがローキックでヒロムの左足を蹴りまくった。悲鳴を上げるヒロムの両足を折りたたんでの変型ヒザ十字固めで絞め上げてギブアップに追い込んだ。

 SHOが手段を択ばず昨年覇者・ヒロム狩りで3勝目。試合後も笑いが止まらず、「言うたやろ。全勝よ。余裕よ。もう一人で立ててなかったやん。いい加減自立しろや。八王子のヤツらはな、こんなもんよ。余裕よ」と嘲笑しながら勝ち誇った。

 一方、ヒロムは無敗で迎えた後楽園3連戦を3連敗で終えた。星勘定も徐々に苦しい状況に追い込まれ、左ヒザのダメージが今後のリーグ戦に影響を及ぼす可能性もある。不安要素しか見当たらない状況となり、ヒロムも「この負けはきついぞ!」と危機感を垣間見せたものの、「だったらよ、負けねぇために出し惜しみはしねぇぞ。何の武器も持たないでこのスーパージュニアに出たわけじゃねぇ! 覚えてろよ!」と秘策の存在をちらつかせて巻き返しを誓っていた。

【SHOの話】「エッヘッヘッヘッ…! こんなもんよ。全勝や。言うたやろ? 全勝よ。余裕よ。(ヒロムは)もう1人で立ててなかったやん!? オイ、オイ、いいかげん自立しろや。オイ、おめぇよ。オイ、2連覇したんやろが!? そんぐらいやったらよ、いいかげん、さっさと自立しろや。八王子のヤツらはな、こんなもんよ。余裕よ。あぁ!? (俺が)宇和島の恥!? 誰が宇和島の恥じゃ。オイ! そんなことよりよ、俺は宇和島出身っていうことが恥ずかしいわ。あんなとこ出身っていうのがよ。オイ!? 人生最大の汚点だわ、オイ。消してぇ過去だ、このヤロー」

【ヒロムの話】「(『チクショ〜…!』と何度も叫びながら階段を転がりながら辛うじてコメントスペースへ到達)この負けはキツいぞ!! 3連敗か!! あぁ、クソ!! (徐々に立ち上がり)だったらよ、負けねぇために出し惜しみはしねぇぞ。なんの武器も持たないで、このスーパージュニアに出たわけじゃねぇ! 覚えてろよ!」