6・1後楽園大会のDDT EXTREME選手権試合「飯野“セクシー"雄貴vsAKIRA」の調印式が26日、東京・渋谷区のAbemaTowersで行われ、試合形式が「セクシームービースタールール」に決まった。

 EXTREME王座戦が6日後に迫ったこの日、王者・飯野、挑戦者・AKIRAが出席しての調印式が行われ、両者が調印書にサインした。同王座戦は王者がルールを決められるが、未決定のまま。そこでAKIRAが「ルールを聞いてない!」と問いただすと、飯野は「アイ・アム・セクシースター! ヒー・イズ・ムービースター! セクシームービースター!」と叫ぶや踊り始めた。

 同席した男色ディーノは今林久弥GMから通訳を求められると、「セクシースター(飯野)がここにいる。ムービースター(AKIRA)がここにいる。その2人が試合となると、セクシームービースターしかない。これは日本の文化のために作品として残さないといけない。それをしっかり映像作品として収めるためにセクシームービー界の大御所マック羽鳥を召喚しなきゃ。一つの作品として仕上げてしまおうというルールだ。羽鳥の撮りたいシーンをちゃんと再現しないと決着つかない」と飯野案のルールを説明した。

 ここで、今林GMが「AKIRAさんを誰だと思ってるんだ? 代表作を知ってるのか? 『仮面ライダークウガ』のズ・ザイン・ダ。映画『いかレスラー』のたこレスラー役だぞ。TBSのゴールデンタイムのドラマに出てたくらいの飯野とは格が違う!」と激怒したが、ディーノは主張を変えない。

 かみ砕いて解説すると、映像作品としても後世に残すべく、セクシームービー監督として著名なマック氏(タノムサク鳥羽)がリングサイドで試合を観戦。決着は3カウント、ギブアップなど通常のプロレスルールと同様となるが、監督の欲しい画、つまり試合前に指定されたいくつかのシチュエーションを再現してからでなければ決着とはならず。仮に3カウントを奪っても、マック監督の指定するシーンが再現できていなかった場合、無効となるという何とも難解なルールだ。

 ルールを聞いたAKIRAも首を傾げるばかり。それでも「EXTREMEはルールがキテレツだと聞いてたけど、今まで自分がやってきたプロレスのキャリア、役者としてのキャリアを合わせてもってすれば、俺にとって絶好のチャンスだと思ってます。頑張ります」と自信とともに意気込んでいた。