アーカンソー州ノースリトルロックのシモンズ・バンク・アリーナで行われたスマックダウンが日本時間29日、配信され、中邑真輔がザ・ブラッドラインへの逆襲を開始。リドルを新パートナーにWWEタッグ王者ウーソズへの挑戦を表明した。

 先週、タッグ王座統一を果たしたWWEタッグ王者ウーソズがこの日のオープニングに現れ、「RKブロを倒せたのはローマン・レインズのおかげだ」と感謝。「オートンは今頃家にいるぞ。俺たちにやられてな」と侮辱した。

 そこへ中邑が現れ、「俺とパートナーはお前たちのタッグ王座に挑戦する!」と表明した。相棒のリック・ブーグスは負傷欠場中。中邑の新パートナーとして現れたのはリドルだった。中邑とリドルはウーソズに襲いかかり、エプロンでの殴り合いを展開。リドルのフローティングブロを合図に、中邑がジミー、リドルがジェイをそれぞれ顔面キックで蹴散らした。

 その後、次回ロウで中邑&リドルがウーソズとコンテンダーズ戦で対戦することが決定した。