『BEST OF THE SUPER Jr.29』富山産業展示館・テクノホール西館(2022年5月31日)
Aブロック公式戦 ○SHOvsYOH×

 SHOとYOHの遺恨対決がスーパージュニア最終公式戦で実現。無法勝利で勝ち越しフィニッシュを強奪したSHOは「生まれ変わって出直してこいや」と、かつての盟友にぶった斬った。

 SHOとYOHの“怨敵対決"が公式戦最終日で実現。ともに4勝4敗、勝ち越しフィニッシュを懸けての激突となった。

 …が、のっけから異変。いきなりマイクをつかんだSHO「お前なんかとはな、やる価値ねえんや。勝ち点欲しけりゃくれてやるわ」と試合放棄を宣言し、不気味な笑みとともに入場ゲートの奥に消えた。

 ワナと悟ったYOHも追いかけない。ゲート内までYOHが追いかけてきたところを襲う計画だったSHOも、場外カウントが15を超えたところでトーチャーツール(レンチ)片手に慌てて戻ってきたが、YOHは冷静にスピードでかく乱してみせた。

 するとSHOもセコンドのヤングライオンを利用してレフェリーの目をそらすや、木槌攻撃で反撃。会場奥までYOHを連行してイスを振り下ろしたが、止まらないYOHも泥臭く蹴りをキャッチしてのドラゴンスクリューで反撃し、そのままヒザ十字固めで足殺しに出た。

 SHOもことあるごとにイスやトーチャーツールを持ち出したものの、レフェリーがことごとく没収。肉体しか“凶器"がなくなったSHOは、覚悟を決めてYOHと正面からラリアットでぶつかり合い、スピアーで競り勝ってみせると、こん身のミドルキックや飛びヒザ蹴り、投げ捨てジャーマンと猛攻を仕掛けた。

 負けじとYOHも、ラリアットをかいくぐって逆にこん身のラリアットを発射。豪快にSHOを吹っ飛ばして必殺DIRECT DRIVEを狙った。

 だが、切り抜けたSHOはレフェリーを盾にしてYOHの追撃を阻むや、YOHの背後から急所攻撃。さらにはコーナーポスト内に隠していたもう一本のトーチャーツールを取り出すや、豪快に一撃。KO状態のYOHをショックアローで突き刺し、“復活"したレフェリーに完璧な3カウントを叩かせた。

 怨敵を無法粉砕して、5勝4敗と勝ち越しフィニッシュを“強奪"。「YOH、話にならんな。生まれ変わって出直してこいや」と徹底的に怨敵を見下したSHOは、相変わらず「これで全勝やろ? 勝ち点18やろ?」と主張。現実の勝ち点を知らされるや「勝ち点10? なんでや!? 俺、負けてねぇぞ。全勝しとるぞ。負けた記憶ねェもん。オイ……わかってるぞ、コノヤロー……。おのれ……わかってたぞ、義信(金丸)の仕業だろ。裏で絵ぇ描いてたの、全部あいつの仕業や。やってくれたな、あのヤロー。あいつ、ふざけやがって…」とすべての怨念をNEVER6人タッグ王座挑戦を要求してきた金丸義信にぶつける構えを示していた…。


【試合後のSHO】

▼SHO「(※トーチャーツールを手に、不敵な笑みを浮かべながら)こんなもんよ。余裕……。全勝よ。オイ、YOH、話にならんな。生まれ変わって出直してこいや。これ全勝やろ? 全勝やろ? 勝ち点18やろ、これで? な、勝ち点18やろ?」

――いや、残念ながら10なんです

▼SHO「勝ち点10? なんでや!? 俺、負けてねぇぞ。全勝しとるぞ。負けた記憶ねェもん。オイ……わかってるぞ、コノヤロー……。おのれ……わかってたぞ、義信(金丸)の仕業だろ。裏で絵ぇ描いてたの、全部あいつの仕業や。やってくれたな、あのヤロー。あいつ、ふざけやがって……。俺のスーパージュニアだけでなく、リーグ戦までメチャクチャにしてくれやがったな。他人のこと雑魚とか言いやがって。雑魚が雑魚って言ってんじゃねぇ。いっぺんでも俺に勝ってからモノ言え。ふざけやがって……やってやるよ、クソッタレが。あぁ、あのヤロー、雑魚が雑魚って言ってんじゃねぇ。おめぇの言うこと、全部ブーメランなんだよ。支離滅裂だよ。理解不能だよ、このヤロー。しゃべればしゃべるだけ、自分の愚かさを露呈しやがって、あのヤロー。やってやろうじゃねぇか、オイ。覚えとけ。伝えとけ、やったるからな……」

※YOHはノーコメント