『What are you doing 2022』東京・後楽園ホール(2022年6月1日)
○樋口和貞&遠藤哲哉&秋山準vsHARASHIMA&吉村直巳&高尾蒼馬×

 遠藤、秋山、樋口が『CyberFight Festival 2022』(6・12さいたまスーパーアリーナ※以下CFF)でのノアとの対抗戦へ向けて一致団結した。

 CFFでノア・丸藤正道&小峠篤司&稲村愛輝との対抗戦を控える3人。発表会見時から樋口が普段、敵対する二人との共闘に難色を示し、不協和音が奏でられていた。

 この日はCFFに向けた試運転として遠藤&秋山&樋口がトリオを結成し、HARASHIMA&吉村&高尾組と対戦した。我が道をいく樋口だが、遠藤がサスケスペシャルを見舞ってHARASHIMAと吉村を場外に分断する好フォロー。すかさず樋口が高尾にラリアット、ぶちかまし、ブレーンクロー・スラムの波状攻撃を浴びせて3カウントを奪取した。

 対抗戦出陣トリオで快勝。試合後、秋山が樋口に握手を求めた。すると坂口征夫が現れ、樋口に何やら耳打ち。意を決した樋口は秋山、遠藤と握手を交わした。CFFへ向けて一枚岩となり、遠藤は「これでノアを倒す準備が整った。待ってろ、ノア、丸藤。6月12日、俺たち3人から目を離すな!」と宣戦布告した。

 バックステージで樋口は「去年を思い出した。坂口さんに言われて確かにそうだなと。同じノアを倒す者同士。3人でノアの首獲ってやろう」と吹っ切れた様子。ノア5・30川崎大会で稲村と引き分けたばかりで「この前、川崎で戦った稲村もぶっ倒さないといけないし。3人でやりたいと思います」と決着も見据えた。さらに秋山が「ノア、しっかりかかってこい。俺らがかかっていくんじゃない。小峠、ガタガタ言うな。お前の相手は俺がしてやるから」、遠藤が「丸藤、ヒザをケガして欠場してんだって? 万全な状態でさいたまSAのリングに上がってこい」とそれぞれノア勢に宣戦布告した。