『What are you doing 2022』東京・後楽園ホール(2022年6月1日)
○佐々木大輔&MJポー&KANONvs上野勇希&勝俣瞬馬&小嶋斗偉×

 佐々木が『CyberFight Festival 2022』(6・12さいたまスーパーアリーナ※以下CFF)でのノア・拳王戦へ向けて快勝し、「地獄の底に叩き落としてやる」と通告した。

 佐々木はノア5・30川崎大会にMJポー&KANONとともに乗り込み、大原はじめ&Hi69と組んだ拳王との前哨戦でHi69をミスティカ式クロスフェースロックで破って快勝。試合後、スタンガンで拳王をKOしていた。

 この日、佐々木はポー&KANONとのトリオで、上野&勝俣&小嶋のThe37KAMIINAと対戦。小嶋をクロスフェースロックで料理し、CFFへ向けて好調ぶりを見せつけた。

 佐々木は試合後、拳王を挑発した。「拳王! 来てるんだろ。今日はどこから乱入してくるんだ? 俺たちは汚ぇノアのリングに出向いてやったのに、あいつは来ないのか?」と投げかけたが、拳王は現れず。「俺が怖くて家で泣いてるのか? 拳王、ノア! スタンガンくらいでガタガタ抜かしてんじゃねぇぞ。CFF、てめぇらを地獄の底に叩き落としてやる!」と通告した。

 バックステージでも「あいつは後悔してるだろ。誰を敵に回したと思ってんだ? 佐々木大輔だぞ」と見下した佐々木は「俺はもう完全に仕上がってる」と絶好調を強調。「今ここでやってもいいぞ。拳王だけじゃねぇ。ノア、てめぇもだ。向こうの味方するなら、俺の敵だ。ぶっ殺してやる」と拳王戦へ向けて殺気立っていた。