『CyberFight Festival 2022』(6月12日、さいたまスーパーアリーナ※CFF)で行われるノアvsDDT若手対抗戦「岡田欣也&藤村加偉vs小嶋斗偉&高鹿佑也」に向けた会見が2日、都内ホテルで開かれた。

 祭典オープニングを飾る一戦へ若武者4人が会見。まずは高鹿が「僕はバーニングというユニットでやらせてもらっていて、秋山さん、遠藤さん、岡田さんから教わってきた技術と気持ちという部分は絶対負けてない。それを証明したい」、小嶋が「昨年のサイバーファイトフェスで負けて、ケガをして長期欠場した悔しい気持ちが1年間ずっとありました。やっとその気持ちをぶつける時が来ました。DDT若手代表・小嶋斗偉、高鹿佑也、二人で勝ちます」とDDT勢が意気込みを語った。

 藤村も「僕は外から来てる選手ではありますけど、ノアに上がっている選手として、責任感、緊張感、自信、そして何よりプライドがあります。だからこそ、この対抗戦では結果はもちろんです。内容でもすべてで僕らが上回ってるところを見せたいと思います」と真っ向から応戦。

 ところが岡田は「去年に続きオープニングマッチ。去年は勝った対抗戦に、また同じようなカードで戦うことを悔しく思っています。去年以上の体格、気合、技、レスリング、全てにおいて差をつけて勝ちたいと思います」と切り出すと、「ノアの若手は毎日、道場で厳しい合同練習に励んでいます。あと10日です。ぜひ小嶋選手、高鹿選手、一緒に道場で良い汗を流しませんか?」と持ちかけた。

 小嶋は「嫌です。自分たちの道場でしっかり汗を流してトレーニングするので、別に合同練習する必要がないです」と拒否。岡田は「ノアの合同練習、怖いですか?」「ノアの練習についていけないからですか? こちらの合同練習の方がレベルが高いんで、良い成果が得られると思います」と執ように畳みかけたが、小嶋もおっとり口調ながらハッキリ「しつこい」と一刀両断。高鹿も「DDTの練習が劣ってるとかは絶対ないと思ってるんで。僕たちやってることに絶対自信持ってるんで、サイバーファイトフェスで証明します」と言い切った。

 すると岡田は「分かりました。もうこの時点で合同練習に参加したくないと受け取りました。サイバーファイトフェスティバル、オープニングマッチ。大会に火をつけて盛り上げるのはプロレスリング・ノアの岡田欣也と藤村加偉です。ありがとうございました」と頭を下げて一方的に退席。小嶋はあきれ顔で「しょうもなっ」と吐き捨てた。ともあれ、CFFのオープニングは“ノア道場vsDDT道場"の威信を懸けた一戦となりそうだ。


【会見の模様】
▼高鹿「DDTプロレス、バーニングの高鹿佑也です。自分がこの試合に対しての意気込みは、今、僕はバーニングというユニットでやらせてもらっていて、秋山さん、遠藤さん、岡田さんからプロレスの技術であったり、気持ちの部分だったり、トレーニングとか、いろんなことを見てもらっていて。その教わってきた技術と気持ちという部分は絶対負けてない、DDTの方が勝ってると僕らは思ってるので、それを証明するためにも6・12サイバーファイトフェスはしっかり勝ち抜きたいと思います。いや、勝ちます」

▼小嶋「DDTプロレス、The37KAMIINAの小嶋斗偉です。僕はこの1年間ずっと前回のサイバーファイトフェスで負けて、ケガをして長期欠場した悔しい気持ちがありました。そして今回のサイバーファイトフェスでやっとその気持ちをぶつける時が来ました。僕の気持ちをぶつけることはもちろん、DDT若手代表・小嶋斗偉、高鹿佑也、二人で勝ちます。絶対勝ちます」

▼藤村「藤村加偉です。僕自身、このサイバーファイトフェス初出場になります。そしてこの大会、僕はプロレスリング・ノアの選手として、代表として、この対抗戦を戦います。僕は外から来てる選手ではありますけど、今現在このプロレスリング・ノアという団体に上がってる選手として、その責任感、緊張感、自信、そして何よりプライドがあります。だからこそ、この対抗戦では結果はもちろんです。内容でもすべてで僕らが上回ってるところを見せたいと思います。よろしくお願いします」

▼岡田「プロレスリング・ノア、岡田欣也です。まずは今年もサイバーファイトフェスティバル、さいたまスーパーアリーナという大きな会場で試合できることをうれしく思います。ですが、去年に続きオープニングマッチ。去年は勝った対抗戦に、また同じようなカードで戦うことを悔しく思っています。ノアの若手は毎日、道場で厳しい合同練習に励んでいます。去年以上の体格、気合、技、レスリング、全てにおいて差をつけて勝ちたいと思います。そして、サイバーファイトフェスティバルへあと10日です。ぜひ小嶋選手、高鹿選手、一緒に道場でいい汗を流しませんか?」

▼小嶋「嫌です。自分たちの道場でしっかり汗を流してトレーニングします」

▼岡田「ノアの合同練習、怖いですか?」

▼小嶋「そこまで行くのがめんどくさいです。自分たちの道場でしっかり練習して汗流すので、別に合同練習する必要がないです」

▼岡田「ノアの練習についていけないからですか?」

▼小嶋「何で一緒にやらなくちゃいけないんですか? まず。僕たちはDDTとして練習してるんで、DDTの練習をこれまで通り、いつも通りやるだけです。ノアの練習を別にやりたいとも思わないし、合同練習をする意味が分からないです」

▼岡田「こちらの合同練習の方がレベルが高いんで、良い成果が得られると思います」

▼小嶋「そんなの知らないじゃないですか。僕たちが何やってるかなんて。僕たちもノアの練習、何やってるか知らないですよ。だから僕たちは自分たちの練習しっかりやって、サイバーファイトフェスで戦います」

▼高鹿「あと、さっきも言ったんですけど、DDTの練習が劣ってるとかは絶対ないと思ってるんで。僕たちやってることに絶対自信持ってるんで、サイバーファイトフェスで証明しますので」

▼岡田「そこもいい機会になると思うんで。お互いの練習を知れるチャンスでもありますし、ノアの合同練習にぜひ出てもらって、いい汗を流しましょう」

▼小嶋「そればっかじゃないですか。しつこいです。回答がずっと同じことしか言ってないです」

▼岡田「分かりました。もうこの時点で合同練習に参加したくないと受け取りました。サイバーファイトフェスティバル、オープニングマッチ。大会に火をつけて盛り上げるのはプロレスリング・ノアの岡田欣也と藤村加偉です。ありがとうございました」

※岡田と藤村が退席すると

▼小嶋「しょうもなっ!」