2AWは5日、ティーラン獅沙が琉球ドラゴンプロレスに移籍すると発表した。

 獅沙は1995年11月20日、沖縄県南城市出身。2014年8月24日に2AWの前身であるKAIENTAI DOJOでデビューした。最近では地元・沖縄を拠点に活動してきたが、今月いっぱいで2AWとの契約を終了。7月1日付で琉球ドラゴンプロレスに移籍することになった。

 「自分を生み育ててくれた千葉への感謝の気持ちを離すまいと数年間所属のままでしたが、思うように試合ができず中途半端な自分を打破するため今回の決断をさせてもらいました」という獅沙は6・26TKPガーデンシティ千葉大会で所属ラストマッチを行う。奇しくもデビュー戦と同じ会場で、本人たっての希望でデビュー戦の相手でもある先輩・吉野コータローとの一騎打ちが組まれた。獅沙は「デビュー戦の相手でもあり、その地もTKP。恩返しの気持ちを込めて最後にもう一度だけ沖縄の風を吹かせにいきます」と意気込んでいる。2AWからの発表は以下の通り。


☆弊社所属選手 ティーラン獅沙 琉球ドラゴンプロレスリングへ移籍のお知らせ

弊社所属選手 ティーラン獅沙が2022年6月30日付で契約を終了、7月1日付で琉球ドラゴンプロレスリング様との選手契約を締結することとなりました。

6月26日(日)しぃちゃんの台所プレゼンツ 2AW 旗揚げ3周年記念大会 GRAND SLAM in TKPガーデンシティ千葉が弊社所属としてのラストマッチとなります。

【ティーラン獅沙のコメント】この度7月1日付けで琉球ドラゴンプロレスへの移籍が決まりました。自分を生み育ててくれた千葉への感謝の気持ちを離すまいと数年間所属のままでしたが、思うように試合ができず中途半端な自分を打破するため今回の決断をさせてもらいました。最後の対戦相手となる吉野さん。これは最後にわがままを言って会社にお願いしたカードです。一期先輩で右も左も分からない自分を指導してくれました。デビュー戦の相手でもあり、その地もTKP。恩返しの気持ちを込めて最後にもう一度だけ沖縄の風を吹かせにいきます」

今後ともティーラン獅沙選手へのご声援の程よろしくお願い致します。


☆6/26(日)千葉・TKPガーデンシティ千葉 3F シンフォニア(千葉ポートスクエア内)『しぃちゃんの台所プレゼンツ 2AW旗揚げ3周年記念大会 GRAND SLAM in TKPガーデンシティ千葉』12:15開場、13:00開始

▼シングルマッチ
旭志織
vs
リッキー・フジ

▼タッグマッチ
ナカ・シュウマ
条柴拓真
vs
CHANGO
本田アユム

▼6人タッグマッチ
若松大樹
笹村あやめ
最上九
vs
仁木琢郎
十嶋くにお
花見達也

▼ティーラン獅沙 2AW所属ラストマッチ
ティーラン獅沙
vs
吉野コータロー


▼梶トマト2AW所属ラストマッチ
浅川紫悠
vs
梶トマト

▼2AWタッグ選手権試合
[挑戦者]
チチャリート・翔暉
岡林裕二
vs
エクシリオ
吉田綾斗
[第11代王者]
※吉田&エクシリオ2度目の防衛戦

▼2AW 無差別級選手権試合
[挑戦者]
滝澤大志
vs
真霜拳號
[第6代王者]
※真霜3度目の防衛戦