『STAR NAVIGATION 2022』東京・後楽園ホール(2022年6月8日)
○小島聡&田中将斗&望月成晃&稲葉大樹vs清宮海斗&マイケル・エルガン&マサ北宮&潮崎豪×

 『CyberFight Festival 2022』(6月12日、さいたまSA)のメインを飾るGHCヘビー級選手権試合「(王者)潮崎vs小島(挑戦者)」に向けた最後の前哨戦が行われ、小島がウエスタンラリアットで潮崎からピンフォール勝ち。「宇宙の果てまで吹っ飛ばしてやる」と叫んだうえで、「グラウンドスラム? そういうことじゃねえんだよ! いろんなものを背負ってるけど、俺は小島聡として、この名前を背負ってやってやるよ」とキャリア集大成、全身全霊を込めてのGHC獲りを誓った。

 決戦4日前、いよいよ迎えた最後の前哨戦は後楽園2連戦の大トリに据えられた8人タッグマッチ。のっけから先発した両雄は互いを味わうかのようにロックアップ、ヘッドロックでガッチリ組み合い、中盤にはマシンガンチョップを徹底的に打ち合う。そして終盤はやはり“豪腕比べ"となった。

 ゴーフラッシャーからのショートレンジ豪腕ラリアットを繰り出した潮崎が攻勢に出たが、潮崎がトドメの豪腕ラリアットで突っ込んだところで、小島もカウンターのウエスタンラリアットで迎え撃つ。この日は小島がガクッとヒザを突いて潮崎が競り勝ったものの、小島も続く豪腕ラリアットをかいくぐるや、強烈なウエスタンラリアットをクリーンヒットさせ、完璧な3カウントが数えられた。

 大の字の潮崎を眼下にマイクを握った小島は「潮崎、潮崎! 潮崎!! どうだ? 気持ちいいか、俺のラリアットは? いよいよ4日後に迫ったGHCタイトルマッチ、俺は絶対にお前から勝つ。いいか、それだけだ。それだけで十分だろう。いいか、お前を宇宙の果てまで吹き飛ばしてやるよ!!」と恐るべきハイテンションでまくし立てながら宣告してみせた。

 さらには「お前がどんなに強いか、そんなのずっと前からわかっている。お前がデビューした時から、お前が強いなんてずっとわかってるよ。だけど、必ずこの俺がGHCのベルト…獲っちゃうぞ、バカヤロー!」と叫んで大会を締めくくった小島は、「潮崎、どうする? 王手だぞ? リーチだぞ? この俺が必ずGHCのチャンピオンになる。グラウンドスラム? そういうことじゃねえんだよ! 小島聡のためにやってやるよ。新日本プロレス? 第三世代? いろんなものを背負ってるけど、俺は小島聡として、この名前を背負ってやってやるよ」と言い切った。

 キャリア集大成、全身全霊を込めてのGHC獲りを宣言した小島。実に6度の前哨戦で豪腕を競い合いながら、互いのことを「24時間」考え続けて迎える祭典でのGHC戦。ゴングまでいよいよ待ったなしだ。

【小島の話】「潮崎、どうする? 選手権前最後の前哨戦だろ、今日。それで俺が勝ったってどういうことかわかってんのか、お前? お前が直接ピンフォール取られたってどういうことかわかってんのか? お前が少しでも手を抜いたのか? それとも全力で来て、今日俺に負けたのか? だったら何でもいいよ。お前の全力で来たんだったら、俺のほうがもっと強いってことだ。それだけだ。潮崎、どうする? 王手だぞ? リーチだぞ? この俺が必ずGHCのチャンピオンになる。グラウンドスラム? そういうことじゃねえんだよ! 小島聡のためにやってやるよ。新日本プロレス? 第三世代? いろんなものを背負ってるけど、俺は小島聡として、この名前を背負ってやってやるよ」

【潮崎の話】「(ふらつきながらコメントスペースに現れるとベルトを掲げて)渡さねえよ…」