『STAR NAVIGATION 2022』東京・後楽園ホール(2022年6月8日)
○中嶋勝彦&拳王&征矢学vs杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&レネ・デュプリ×

 『CyberFight Festival 2022』(6月12日、さいたまSA、CFF)に向けて、秋山準らDDT勢がノアに殴りこみ。秋山に対して拳王は「髪がない」、中嶋は「喧嘩する前に萎えたわ」と猛口撃を浴びせ、喧嘩ムードがさらに加速した。

 今週末に迫ったCFFでは、「拳王vs佐々木大輔」「中嶋勝彦&小峠篤司&稲村愛輝vs遠藤哲哉&秋山準&樋口和貞」「岡田欣也&藤村加偉vs小嶋斗偉&高鹿佑也」とノアとDDTによる対抗戦が3試合組まれている。これまで拳王と佐々木は襲撃合戦を繰り広げると、他の選手たちも舌戦を展開してきたが、CFF前最後のノア興行についにDDT勢が殴り込んできた。

 秋山がテレビ実況席で試合を見守る中、この日、金剛の拳王&中嶋は征矢と組んで、杉浦軍の杉浦&デュプリ&ワグナーJr.と対戦。最後は中嶋がデュプリをヴァーティカルスパイクで下し、接戦をものにした。

 試合後、中嶋は「なあ、秋山。どうした? そんなところに何しに来たんだ? ノアのリングに上がりたいのか?」とマイクで挑発。それを受けて秋山がスタンガン片手にリングインすると、KO-D無差別級王者・遠藤をはじめ、樋口、高鹿、小嶋も姿をあらわし、中嶋たちを包囲した。

 遠藤は「おい、プロレスリング・ノア。KO-D無差別級チャンピオン遠藤哲哉が自ら広報活動にきてやったぞ。丸藤正道欠場で、中嶋勝彦、おいしそうな相手じゃねえか。誰が来ようが、6月12日、プロレスリングノアより俺たちDDTが上だってことを証明してやるよ。つまり何が言いたいかっていうと…喧嘩買いにきました」とあいさつ代わりに通告。樋口も「まあ、今日はご挨拶ということで来ましたけど…」と続けるが、ここで割って入ったのが拳王だ。

 拳王は前日の後楽園大会で佐々木に乱入要求をぶち上げていたものの、佐々木の姿はない。「地方の議員活動する場じゃねえんだぞ? オメーみたいな口調でノアのリングに上がらないでくれ」と遠藤たちを斬り捨てると、改めて佐々木に言及した。

 「俺の対戦相手…ああ? 名前が出てこない。名前が」と挑発気味にアピール。佐々木が凶器と使用しているスタンガンのスイッチを秋山が入れるも、動じない拳王は「俺の対戦相手、黒髪のロンゲだったよな? ちょっとチェックさせてくれ」とDDTの各選手の髪型を確認。最後に秋山の頭を見て、「髪がなかったわ」と嘲笑した。

 怒りをにじませるDDT勢をよそに、「おい、黒髪ロンゲ、なんでこの場に来てねえんだ。だからDDTのヤツらは演技でプロレスやってんだ。そんなヤツら、6月12日、サイバーファイトフェスで、俺がテメーら、スタンガンでも何でも受けてやる。全てを受けたうえで俺が倒してやるからな。そう黒髪ロンゲに言っておいてください」と不在の佐々木に宣戦布告し、一足先にリングを去っていく。

 バックステージで拳王は「今日来てないの、メチャクチャスベってるぞ。お前な、こんなスベってるレスラー、6月12日で最後にしてやるよ」と佐々木を斬り捨て、舌鋒を高木三四郎にも向けると、「テメーらの士気と俺たちの士気、まったく違えんだ! いいか? 勝敗なんかもう見えてるだろ。俺たちが全勝で、そして俺たちが業界1位を掴み取る! そして、DDTはもう…解散だ」とまで予告していた。

 リング上では改めて中嶋と秋山がにらみ合い。秋山に「勝彦、12日本気でやるぞ」と覚悟を問われた中嶋は、「喧嘩でわざわざあいさつ? 笑っちゃうぞ。誰だお前、コバンザメのチャンピオン、大老害、相撲崩れのプロレスラー、あと誰だか知らない後ろの2匹。俺のこのノアのリングに上がってきて何がやりたいんだ?」とDDT勢を糾弾し、「俺の知ってる秋山はこんなちっちゃかったかな? 喧嘩する前に萎えたわ。とっとと帰れ。ノアの熱い、厳しい闘いがこの後もあるんだ。とっとと帰れ」とカマした。

 しばらくにらみ合うと、去っていく秋山に対して、中嶋は「おい秋山準、久々にこのノアのリングに上った感触はどうだった? 刺激的だっただろ? お前がいた時とは違うんだけどな。それを6月12日、サイバーファイトフェスで味わわせてやるよ。お勤めご苦労さん」と不敵にニヤリ。ノアファンも中嶋を支持した。

 敵地でのマイクで猛口撃を受けて、フラストレーションがたまる結果となった秋山だったが、「12日、俺だけじゃなくて、遠藤も樋口も今日やり足りなかったことをリング上でぶつけるだろうし、やるだろうし。それでいいんじゃない?」とCFFでキッチリとお返しする構え。遠藤も「何にも感じないね。威勢だけ。やっぱやり方が古い」と一蹴すると、「コバンザメなんてもう使い古されたそんなたとえ、プロフェッショナルなら使ってほしくなかったね。せっかくだったら、俺が好きなクワガタでたとえてほしかったな。リサーチが足りないよ」と上から目線で指摘していた。

 舌戦を経て、対抗戦ムードはさらに燃え上がり、気持ちは爆発寸前でいよいよ残すはCFF当日のみ。同じグループとはいえ、団体の威信を懸けた3試合。その結末やいかに。

【拳王の話】「おい、佐々木大輔。なんだ? 今日も来てないのか。やはりな、テメーは学芸会レスラーの一員だ? 見てみろよ。黒髪ロンゲは来てないけど、毛がないさんは来てただろ? なんでテメーは来てないんだ? 俺はな、電気が、電圧が欲しくてたまらなかったぞ。俺に電圧、電気、電流を流してくれよ? テメーは錯乱しているつもりか? まったく効いてねーぞ。しかもな、今日来てないの、メチャクチャスベってるぞ。お前な、こんなスベってるレスラー、6月12日で最後にしてやるよ。テメーらDDTを潰してやるよ。そして、高木三四郎! なんかのネットニュースで言ってたな。去年は声高々に『業界1位を目指します』…おい、1年して身の程をわきまえたのか? 新日本プロレス、もう敵わないと思ったのか? なんだよ、あのコメント。サイバーファイトフェスの前にな、そんなこと言うのやめてくれよ! 俺たちの士気が下がるんだよ! テメーは業界1位を目指してないかもしれない。ただな、俺は目指してるぞ。ノアは目指してるぞ! いいか? サイバーファイトフェス、テメーらの士気と俺たちの士気、まったく違えんだ! いいか? 勝敗なんかもう見えてるだろ。俺たちが全勝で、そして俺たちが業界1位を掴み取る! そして、DDTはもう…解散だ」

【遠藤&樋口&高鹿&小嶋の話】
※秋山が「喋れ喋れ」と煽ると

▼遠藤「おい、ノアの礼儀知らずのレスラー。KO-Dチャンピオン自らあいさつに来てやったんだよ。中嶋勝彦、俺たちの狙いはテメェの首。お前はあくまで丸藤正道の代打だからな」

▼樋口「まあ、やっぱりいい顔してないなと思うけど、ただDDTとしてノアを倒す。そこにブレはない。12日は楽しみだ」

▼高鹿「僕と小嶋さんはサイバーファイトフェスでノアの若手と対抗戦やりますけど、僕は秋山さんとか、遠藤さんとか、岡田さんから教わってきた技術が間違ってない、凄いってことを証明してみせます」

▼小嶋「合同練習がどうとか、いろいろありましたけど、僕らはもうサイバーファイトフェスでただ勝つだけです。僕と高鹿さん2人で第1試合勝ちます」

▼遠藤「DDTのことを学芸会だとかなんとか言ってたな。はあ? テメェらプロのレスラーなんだろ? オレンジの席が目立ってたんじゃねえの? おいおい、プロフェショナルなら全席埋めてみろよ」

――実際にリングに上がってどう感じた?

▼遠藤「どう感じたか? どう感じたもなにも、俺たち広報活動をしに来ただけだから。向こうの拳王だっけ? あいつが頼りないからKO-D無差別級王者自らここに出向いて、広報活動してやってんだよ。何にも感じないね。威勢だけ。やっぱやり方が古い。恐怖政治。にらみ合うとか全部」

――遠藤選手はコバンザメ呼ばわりされていたが?

▼遠藤「コバンザメなんてもう使い古されたそんなたとえ、プロフェッショナルなら使ってほしくなかったね。せっかくだったら、俺が好きなクワガタでたとえてほしかったな。リサーチが足りないよ」

――樋口選手は相撲崩れ呼ばわりされていたが?

▼樋口「まあ、ゴタゴタうるさいなと。口でいろいろと言われてはいるんですけど、関係ないでしょう。12日、リング上で自分らが結果出すだけなんで」

▼遠藤「よし、あいさつは済んだ。帰るぞ」

【秋山の話】
▼秋山「久しぶりにノア来たけど、みんな変わってしまってね。全部変わってるよ。新しく歩み出してるんだなと思ってるよ。思った思った」

――拳王選手、中嶋選手と舌戦を繰り広げたが、感じるものはあった?

▼秋山「まあまあまあ、広報部長は相変わらず話が早くて。今日は佐々木が来てないから、あいつは関係ないんだけど、よう喋るなあ、あいつは。俺はもう勝彦だからね、今日来たのは。あと小峠の心配だよ。それだけだよ。でも、あいつもタイトルマッチやっているぐらいだから大丈夫だろう。あとは12日、俺だけじゃなくて、遠藤も樋口も今日やり足りなかったことをリング上でぶつけるだろうし、やるだろうし。それでいいんじゃない?」

――マイクの部分ではフラストレーションが溜まったところもあった?

▼秋山「それはそうだよね。まあまあ、敵地であることもあるしね。お客さんはもちろんノアのファンってこともあるし。まあまあ、フラストレーションはリング上で全部吐き出せばいいよ」