NXTが日本時間9日、配信され、ロクサーヌ・ペレスがティファニー・ストラットンとのNXT女子ブレイクアウトトーナメント決勝戦を制し、王者・マンディ・ローズへの挑戦権を獲得した。

 この日、トーナメント決勝戦が行われ、ロクサーヌがティファニーと対決した。左腕への集中攻撃に苦戦しながらも、ロクサーヌはトペ・スイシーダで反撃。終盤にはティファニーのムーンサルトをかわしてチャンスを迎え、最後はポップロックスで勝利を収めた。

 トーナメントを制したロクサーヌがNXT女子王座への挑戦権を獲得。試合後、盟友コーラと抱き合って喜ぶロクサーヌに挑戦権の契約書が手渡された。

 そこへ現れたのは王者・マンディ。「残念だけど、ここからは下り坂。私に挑戦するなら失敗するわ」と挑発すると、ロクサーヌが殴りかかって乱闘に発展した。さらにインディも加勢すると、ロクサーヌ&コーラのダブルスーパーキック、インディのビッグブーツを立て続けに決めてマンディを場外に蹴散らした。

 その後、次週NXTでロクサーヌ&コーラ&インディとトキシック・アトラクションが激突する6人タッグ戦が行われることが決定した。